ヒツジとヤギのハイブリッド1


ヒツジとヤギのハイブリッド2


母子授乳の姿


親子

ワールド牧場(所在地:大阪府南河内郡)では、この春の出産ラッシュにて、日本初(※)のヤギとヒツジの異種間自然交配の子供が誕生いたしました。姿はヤギに似ていて、顔や毛はヒツジに似ているという珍しい姿で元気に遊んでいます。
(※) 当社調べ

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/133375/LL_img_133375_1.jpg
ヒツジとヤギのハイブリッド1


【非常に珍しい父ヒツジと母ヤギの自然交配で出産】
ワールド牧場では春の出産ラッシュでたくさんのヒツジ、ヤギが出産をしましたが、その中で姿はヤギに似ていて、顔や毛はヒツジに似た子供がいることを飼育スタッフが発見。不思議に思い、遺伝子検査を行った結果、非常に珍しい異種間自然交配の子供であることが確認されました。海外では数例報告されていますが、日本では現在報告例はございません(当社調べ)。さらに、人工交配ではなく自然交配で出産するケースは大変珍しいとのことです。

検査は口腔スワブ2本により個別にDNAの抽出を行い、十分な質と量のゲノムDNAを得て、PCR法による遺伝子増幅を行いました。試験は2回行い、それぞれ別の日に別の担当者が独立して実施しました。結果、2017年7月7日の報告書により、ヤギとヒツジの両方の遺伝子が検出されました。そして、検査に用いた口腔スワブが単一個体から採取されたものであるならば、当該個体はヤギとヒツジの両方の遺伝子を有する種間雑種であると判定されました。現在は、ワールド牧場 ヤギとヒツジの家でのんびりと過ごしたり、お母さんのおっぱいをねだったりしています。
(試験事業者:いであ株式会社 食品分析センター)

<家族構成>
父:ヒツジ テクセル種か検査中
母:ヤギ 2016年春産まれ 名前「River(リバー)」
子:メス 2017年5月5日産まれ

ワールド牧場では、今回産まれた子供の名前を来場者より募集して決定する予定です。


【ヒツジとヤギの異種交配について】
ヒツジとヤギ。同じように「メェェ~~」となき、毛が少しふわふわしているかどうかくらいで、角があったりなかったり、それぞれの中でも種類が多く、パッと見ただけではこれはどちらかなと思うこともある動物です。その動物同士で愛し合うこともしばしば見かけられますが、実際にその子供ができることは通常ありません。ヒツジ、ヤギともに「ウシ科ヤギ亜科」と同じですが、ヤギは「ヤギ属」ヒツジは「ヒツジ属」に属しており、属が異なる動物同士では自然交配はできないと言われていて、たいてい妊娠中に死亡するか死産してしまいます。なお、属の下の「種」のレベルでは異種同士を人工的に組み合わせて交配させ繁殖する場合もあります。

また、遺伝情報の伝達を担う染色体の数はヤギが60、ヒツジが54と異なり、このように異なる染色体数の動物同士の交配はできないと言われますが、実際は染色体の数が同じでも構造が違うと交配はできなく、逆に染色体の数が多少異なっていても構造が似れば交配の可能性はあります。


【ワールド牧場について】
「人と自然と動物たちとの心のふれあい」をテーマに、1989年4月22日にオープンし、2016年3月にリニューアルオープンしたふれあいテーマパークです。敷地内には、約120種1,200頭羽もの様々な動物たちが暮らしているふれあいスポットとなっています。目玉は世界最大級の馬「ペルシュロン」や、世界最大級の犬種「アイリッシュ・ウルフハウンド」、世界最大のウサギ「フレミッシュジャイアント」など。土日祝にはペルシュロンに乗っての記念撮影会も開催しています。

本テーマパークは、2017年3月19日にリニューアル致しました。ワールド牧場に入場すれば、ふれあい放牧場に自由に出入りすることができ、ヒツジやヤギ、ロバ、ポニーなどと自由にふれあいやエサやり体験を楽しむことができます。他にも乗馬(曳き馬)コーナーや牛の乳搾り、ヤギ・ヒツジの散歩、わんちゃんレンタル、たまごの家でのうみたて卵拾い、犬のふれあい館、猫のふれあい館、小動物のふれあい館などでお楽しみいただけます。
また、今春からイルカ・クジラのふれあいプールもオープンし、握手やえさやりなどふれあい体験を楽しんでいただくほか、今夏からは一緒に泳げるプランも新登場する予定です。ご来場ははもちろん、移動動物園、出張猿回しも受け付けており、店舗のオープン記念や各種イベント、学校などに出向いております。


【子どもへの情操教育にも】
牛の乳搾り体験を通して、日頃冷蔵庫で見る牛乳は牛の乳を搾って作られることや、たまごの家で実施する産みたて卵拾い体験を通して、いつもパックに入っている卵はにわとりが産んでいることなどを、身をもって教えることができます。また動物とのふれあいなど接することにより情操教育にもなります。


【各種イベント開催】
平日 :モンキーパフォーマンス3回公演
土日祝:モンキーパフォーマンス4回公演、ポニーカート乗車2回、
ペルシュロン騎乗&撮影会
土曜 :ドッグトレーニングショー
日曜 :バードトレーニングショー


【ご宿泊】
ログハウスやコテージ・ロッジがある「ワールドヴィレッジ」にご宿泊可能です。
夕食にはワールド牧場特製のバーベキュー又はあったかい鶏つくね鍋を選択することができます。朝食にはうみたてタマゴを一人用鉄板で焼いたり、卵かけご飯にしてお召し上がりいただけます。さらにご宿泊のお客様は、天然温泉一乃湯(又はヒノキ風呂)で入浴することができ、ワールド牧場の入園料と駐車料が2日間無料になります。また大切な家族であるわんちゃん、ねこちゃんなどペットと一緒に泊まれるコテージも大変人気です。お天気が良いと夕陽や大阪平野の夜景もきれいに見ることができます。


【ワールド牧場 概要】
施設名 : ワールド牧場
所在地 : 〒585-0014 大阪府南河内郡河南町白木1456-2
アクセス : 車 阪神高速14号松原線三宅ICより国道309号線、
佐備神山交差点左折
電車・バス 近鉄長野線、富田林駅より
金剛バスで「さくら坂1丁目」徒歩10分
電話番号 : 0721-93-6655
ファックス : 0721-93-5280
ホームページ: http://www.worldranch.co.jp/
http://www.osaka-info.jp/en/facilities/cat32/post_228.html
営業時間 : 10:00~17:30(11~2月は10:00~17:00)
8月1日はPL花火終了まで営業
7月22日~8月27日までの土日祝と
8月11日~15日は21:00までナイター営業
定休日 : 火曜日(春休み・GW・夏休み・年末年始は無休)
入園料 : 大人(中学生以上)1,500円、小人(3歳以上)800円
駐車台数 : 1,000台
駐車料金 : 無料

情報提供元:@Press
記事名:「大阪「ワールド牧場」日本初の“ヤギとヒツジの異種間自然交配の子供”が誕生