ショッピングや食事の際、現金ではなくカードやスマホでのキャッシュレス決済を選ぶ人が増えてきたのではないでしょうか。

株式会社ジャパンネット銀行が、20~50代男女500名を対象とした「キャッシュレス決済」に関する意識・実態調査を行ったところ、都会だけではなく地方にも「キャッシュレス化」の波が来ていることが分かりました。

財布を持たずに外出する人や、キャッシュレス決済のポイントを貯金感覚でためる人も
「普段の買い物や食事において、キャッシュレス決済を行うことがありますか?」と聞いたところ、52%が「よくある」、29%が「たまにある」と回答。合計すると8割以上が、日常的にキャッシュレス決済を行っていることが分かりました。

居住地域別に見ると、三大都市(東名阪)の周辺地域=都会エリアでは83%、その他の地域=地方エリアでも79%で、都会だけでなく、地方においてもキャッシュレス化が進行している様子がうかがえます。

また、日常的にキャッシュレス決済を行っている人(407名)たちに、具体的な決済手段についても質問したところ、「クレジットカード」と答えた人が87%と圧倒的多数。「ICカード」が59%、スマホ決済が46%という結果となりました。

「財布を持たずに、スマホやカードだけを持って出かけることがある」人は約3人に1人(30%)、「食事やプレゼント代を割り勘する際に、キャッシュレス決済を使うことがある」人も5人に1人(20%)となりました。

また、「キャッシュレス決済のポイントを貯金・へそくり感覚でためている」人も62%にのぼっており、キャッシュレス決済は支払いシーンだけでなく、日常生活のさまざまな場面で利用されているようです。

話題のコード決済サービス、登録のきっかけは「機能」より「お得さ」
スマホ決済サービスの中でも、QRコードやバーコードで支払いをする「コード決済」型のサービスについて聞いてみると、全体の約3人に1人(34%)が「コード決済サービスをダウンロード・登録している」ことが分かりました。きっかけを聞くと88%が「お得さ(ポイント、割引、還元、特典など)」と回答。スマホ決済サービスの本質である「機能(財布を出さなくてよい、割り勘がスムーズ、家計管理しやすいなど)」(44%)を大きく上回りました。

さらに、「仮にポイントや割引などの特典がなかったとしても、コード決済サービスを使用し続けたいと思いますか?」という質問に対し、「そう思う」と答えた人はわずか21%にとどまり、大多数(79%)が「そう思わない」と回答。具体的な特典がなければ、コード決済サービスを使わない人が約8割もいることがわかりました。

全国的にキャッシュレスが広まりつつある日本ですが、諸外国と比べればまだまだ「キャッシュレス後進国」です。「日本においてキャッシュレス決済の普及を妨げている要因」について聞いて見ると、「不安」「不自由」「機能」に関する回答が多くみられました。各サービスのセキュリティやユーザビリティの向上が、日本のさらなるキャッシュレス化のカギを握っていると言えそうです。

使いすぎや情報流出、不正使用などの心配がある反面、実際に使うととても便利なキャッシュレスサービス。無理のない範囲でスマートに使えたら良いですね。キャッシュレスサービスの決済用に銀行口座開設を考えている人は、「PayPay」、「LINE Pay」、「メルペイ」などの主要サービスと連携しているジャパンネット銀行を検討してみてはいかがでしょうか。

【参考】
※ジャパンネット銀行公式サイト
https://www.japannetbank.co.jp/

情報提供元:WomanSmartLife
記事名:「 “都会”だけではない! “地方”にも押し寄せる「キャッシュレス化」