近頃、「新ジャンル(第3のビール)」カテゴリーにおいて、高アルコールの商品への注目度が高まっています。そこで、生活者の意識・実態に関する調査をおこなうトレンド総研は、2018年の飲料トレンドとして、「高アル新ジャンル」(高アルコール新ジャンル)に注目。缶入り高アルコール飲料に関する意識・実態調査の結果をレポートしました。

注目が高まる「高アル新ジャンル」
今回は、20~50代の男性500名を対象に調査をおこないました。
まず、「現在、缶入り高アルコール飲料が増えていると思いますか?」と聞いたところ、77%が「そう思う」と回答。また、同じく「人気を集めていると思う」と答えた人も65%と約7割にのぼっており、すでに多くの男性が、缶入り高アルコール飲料への注目度の高まりを実感しているようです。
また、「缶入り高アルコール飲料を飲んだことがありますか?」という質問では、81%と大多数が「ある」と回答。さらに、飲用経験者のうち、29%が「よく飲んでいる」、46%が「何度か飲んだことがある」と答えており、すでに世の中に定着しつつある様子がうかがえます。

缶入り高アルコール飲料の魅力は、味に対する“満足感” 
飲用経験者に「缶入り高アルコール飲料の魅力」を聞くと、「飲みごたえがある」(82%)が最も多く、続いて「飲んだ時の満足感がある」(80%)、「味が濃く感じられて美味しい」(75%)という結果となり、味に対する“満足感”を支持する声が多い傾向が見られました。
さらに、「今後飲んでみたい(または飲み続けたい)缶入り高アルコール飲料」を聞いたところ、「ビール類(ビール・発泡酒・新ジャンル/第3のビール)」が62%で、トップになりました。

専門家が語る、注目度アップの理由とは
続いて、「高アル新ジャンル」に注目が集まっている背景について、消費トレンドに詳しい、商品ジャーナリストの北村森さんにお話を伺いました。
北森さんによると、高アルコール飲料が人気を集める背景には、価格に対する期待以上の“満足感”の高さがあるといいます。アルコール度数が高めの商品は、味が濃く感じられたり、飲みごたえがあったりするので、飲んだときの“満足感”がアップしやすいのだそう。さらに新ジャンルは、ビールなどと比べてもともと値段が安いこともあり、価格に対する期待以上の満足感を得やすいそうです。

今後はさらに消費者の満足を追求した商品が、高アル新ジャンル市場を制していくことが考えられるそう。コスパや飲み応えを重視するアルコール飲料ファンには嬉しい限りですね。
2018年はどんな「高アル新ジャンル」商品が発売されるのか、ぜひ新商品にもご注目ください。

【参考】
※トレンド総研
http://www.trendsoken.com/

情報提供元:WomanSmartLife
記事名:「新ブームはパンチがある”高アルコール”!2018年は「高アル新ジャンル」に注目