学生の街・日吉ってどんな街?

 

連載第7回目の今回ご紹介するのは、東急東横線の走る駅「日吉」です。

日吉駅と聞いて多くの方が思い浮かべるのは、名門私立校「慶應義塾大学」のある街、でしょう。そのイメージの通り、訪れた平日の昼間は駅を降りた瞬間から多くの学生たちであふれかえっていました。

 

駅西口へと向かう出口。

 

 

慶應義塾は1858年、福澤諭吉が江戸に開いた蘭学塾から始まりました。創立して今年で160年を超え、日本で最も長い歴史を持つ総合学塾として多くの優秀な人材を世に輩出し続けています。

 

 

そんな多くの学生が集い、学び、遊んだ街であるここ日吉は、大人が住んでもいつまでも学生気分を忘れずにいられるような、そんな街でした。

 

日吉は、学生にとって居心地の良い街

 

日吉駅は、東急東横線で渋谷から急行に乗って20分。数えて12駅目の駅です。今回取材をするために初めて降り立ったのですが、おもいのほかあっという間に渋谷から着いたなぁという印象です。

駅の東側には慶應義塾大学が、西側には放射線状に4つの商店街が伸びています。比較的個性的なお店が並んでいる商店街もあれば、学生が喜ぶような、安くて美味い!をうたっているチェーン店が並ぶ商店街もある。これまで様々な街を巡ってきましたが、こんな放射線状の造りの街もなかなか珍しいなぁと興味津々のわたしです。

 

4つの商店街。それぞれ個性があるようです。

 

さて、そんな日吉駅を紹介してくれたのは、goodroom社員、おたけさんと、かれんさんの2人です。おたけさんは20代前半の頃に、かれんさんは10代のころにそれぞれ1人暮らしでこの街を選んだといいます。

日吉駅は、二人にとってどんな街だといえますか?

 

渋谷、新宿(※副都心線の新宿3丁目)、横浜に一本なのに、賃料もお手頃!学生街で活気もありつつ、昔ながらの銭湯など、昭和チックな下町風情もかすかに残っていて、ほっこり。そしてどこか安心するのが魅力です……。

 

 

一言でいうと、やはり「学生の街」という言葉がふさわしいでしょう。また、少し歩いていくと少々お高めの住宅街が広がっているなぁという印象です。

 

 

 

そう、後述しますが日吉駅は意外とアクセスもいいんですよね。また学生さんたちが学校終わりに買い食いをしていたり、男女のグループが談笑しながら街を歩いていたり。中には就職活動中の会社に内定を承諾する電話をしている学生さんがいたりと、本当に学生街なんだ!と改めて認識するような出来事が多くありました。

慶応大学に入ることを目標としている学生たちが通う塾が乱立していることも、この街の特徴といえるかもしれません。

 

全国展開するような有名塾もあれば、こんな個性的な学習塾も。

 

 

渋谷だけじゃなく、新宿・横浜まで1本で。若者から大人の街まで乗り換えなしで行ける。

 

東急東横線・日吉の路線図

 

さて、気になるアクセスについてですが、実際に住んだことのあるお二人はどのように感じてたのでしょう?

 

とにかく渋谷へのアクセスがいいことが魅力です!特に若いころは渋谷へ出ればほとんどなんでもそろってしまうし、飲み会なども渋谷で行われることが多かったので、本当に便利でした。

 

 

 

わたしは、横浜方面・新宿方面へのアクセスがいいところも、日吉の魅力だと思います。渋谷までわざわざ出るのは面倒、というときは横浜で集まってしまうことも多くありましたね。

 

 

 

そう、日吉は渋谷までが東急東横線の急行で20分。また、東急東横線と東京メトロの副都心線がつながったことがきっかけで、副都心線の新宿三丁目駅までは30分以内で行くことができます。さらに、渋谷とは反対方面に下れば、急行11分で神奈川の都、横浜へも。東急線の改札からはすこし離れますが、横浜市市営地下鉄グリーンラインも通っています。

もっといえば、南北線へ乗り入れている東急目黒線も走っているため、目黒駅やその先の六本木一丁目駅や永田町駅も、乗り換えなしで行くことができるのです。

学生時代には横浜や渋谷へ。社会人になっていれば目黒や六本木などの大人の街へ繰り出すことも容易であるため、意外と幅広い年齢層の方に支持される街だともいえるのではないでしょうか。

 

グリーンラインの乗り場は日吉駅西口を出て、綱島街道を渡ったところにあります。

 

新卒社会人にとって、あたたかく感じられる街

 

実際にこの街で暮らすことを経験した二人にとって、この街を紹介するとすればどんな人にしたいと思いますか?

新卒で上京したての方に勧めたいですね。わたしも上京して社会人になりたてのころに、この街に住みましたが、親しみある学生の賑わいとレトロ感のある個人店でのほっこりとした交流が忘れられない思い出です。なんというか、街がやさしく包み込んでくれて、社会人の不安な気持ちを忘れて、違和感なくすぐに馴染めました。

 

 

家賃相場も同じ東急線のなかでも比較的お手頃価格で住むことができることもあり、社会人になってもそのまま住み続ける方も多いのでしょうね。

若い方が常に多くいる街だからこそ、受け入れる側のお店もあたたかく、やさしいお店も多いのだろうなぁ、と歩いてみて改めて感じます。

 

商店街内の雰囲気。

 

学生に人気なのであろう、ラーメン屋さんもたくさんあります。

 

日吉には、学生街だからこそうれしいところも多いようです。

 

商店街付近にごはん屋さんがとにかく多いです。しかも安めな価格もうれしいところ。また、生活するうえで必要なお店はだいたいそろっています

 

 

 

確かに、スーパー、コンビニ、ドラッグストア、銀行、ファストフード、居酒屋、定食屋、ファストフード、文房具屋、本屋、花屋、レンタルショップ……。普段「これがあったらもっと便利なのに」と思えるような店は、一通りそろっているという印象です。

勉学に勤しむ学生のために、朝早くから夜遅くまで、安くて美味しいごはんを提供し続けてくれるお店のおかげでみんなが住みよい街でいられるのかもしれません。

かつては学生たちのたまり場になっていた歴史ある喫茶店なども多かったようですが、他店の勢いのせいか数年前に閉店してしまったお店も多いようです。常に新鮮で活気のある場所が多くあることも魅力ですが、そのような歴史あるお店がなくなっていってしまうのは少し寂しい気もしますね。

 

商店街内にあるスーパー。

 

 

移転縮小してしまったがいまだ健在の老舗文具屋さん。

 

時期や時間帯によって、騒がしく、混雑する場合も……。

 

一方で、日吉の街に住んでいて気になる点も少なからずあるようです。

 

試験時期になると、大学付近にあるカフェは混む!たまに一人でゆっくり読書を……などと思ってもどこのお店に行っても空いておらず、困ったことが何度かあります。

 

 

 

元気なのはいいことですが、学生さんたちが多く、うるさいと感じることも度々ありました。特に4月は駅前が慶應生で溢れかえっています。また、雨の日にはタクシー乗り場に長蛇の列ができます。住む場所が少し駅から離れている場合には注意したほうがいいと思います。

 

 

 

学生街である恩恵を受ける反面、学生街ならではの問題も多いようです。大人の目で見守ってあげることができるような心にゆとりがあるときはいいですが、そうでないときには不満を感じてしまうことも多い街なのかもしれません……。

 

日吉駅周辺のおすすめスポットを聞いてみました!

 

歴史ある洋食屋「プクプク亭」

ちょっぴり大人の味と値段の洋食屋さん「プクプク亭」

 

詳細な記事はこちら
https://www.goodrooms.jp/journal/?p=31268

 

 

古書ふもすけ堂

 

マンガがメインで陳列されていたり、参考書などがあるのも、学生街ならでは。

 

https://www.fumosuke-do.com/

 

*

 

日吉という街は、誰に聞いても、歩いてみても、やはり「学生の街」という印象は訪れる前と後で大きく変化することはありませんでした。春には受験や入学式、新生活、秋には文化祭など。そわそわしたり、はしゃいだり、ときに落ち込んだり。そんな学生たちを「こんなころあったなぁ」とそばで見守り、ときには「大人になった自分もしっかりしなきゃ」と奮起したり。いつまでも初心を忘れずに、今をまい進できるような、そんな街。急に背伸びをして、おしゃれでかっこいい、憧れの街に住まなくったっていい。いつまでも等身大の自分でい続けられるのが、ここ、日吉で暮らす、ということなのかもしれません。

 

 

 

日吉駅の街情報

利用可能な沿線:東急田園都市線
家賃相場:ワンルーム・1K・1DK/6.48万円、1LDK・2K・2DK/9.92万円、2LDK・3K・3DK/12.54万円
物価の高さ:★★★☆☆
治安の良さ:★★★☆☆
子育て環境の良さ:★★★★☆
街にある施設:商店街, 個人経営の飲食店が豊富, 定食屋, 銭湯, 下町風土,スポーツジム, レンタルショップ

 

 

 

 

出典: goodroom journal 

記事提供元:リノベーション・デザイナーズ賃貸 goodroom(グッドルーム)

デザイナーズ、リノベーションなど、おしゃれな賃貸サイト・アプリ「goodroom」を運営しています。

インテリアや、ひとり暮らし、ふたり暮らしのアイディアなど、賃貸でも自分らしい暮らしを楽しむためのヒントをお届けします。

おしゃれ賃貸サイト・アプリ goodroom

https://www.goodrooms.jp/

goodroom journal

https://www.goodrooms.jp/journal/

goodroom journal 暮らしの実例

https://www.goodrooms.jp/journal/?cat=101

 

 

 

 

*

情報提供元:PeLuLu
記事名:「【住みやすい街】無理して背伸びしなくていい。日吉は、等身大の自分でい続けられる街です。 – Vol.7【プチDIY女子達のお部屋案内】