今回ご紹介するのは、4月19日から公開の映画『幸福なラザロ』です。メガホンをとったのは、世界から注目を集める新鋭アリーチェ・ロルヴァケル監督。以前、ペルルでも取り上げた『夏をゆく人々』を撮った女性監督です。2011年から始まった、ミュウミュウ(MIU MIU)のショートフィルムプロジェクト「女性たちの物語」シリーズにも参加している彼女のことを、名前だけは聞いたことがあるというペルル読者もいるのではないでしょうか?

  本作は、ロルヴァケル監督がイタリアで実際に起きた事件をヒントに、無垢で純朴な青年・ラザロを主人公に描く寓話的でミステリアスなドラマ。2018年のカンヌ国際映画祭脚本賞受賞作品でもあります。

 


 

【ストーリー】

小作人の所有が法律で禁じられた20世紀後半。イタリアの小さな村の農園に、タバコ栽培に従事する青年・ラザロと村人たちが暮らしていた。彼らは小作制度の廃止を隠蔽する農園主の侯爵夫人に騙され、社会と隔絶した生活を強いられていた。ところが侯爵夫人の息子が起こした誘拐騒ぎをきっかけに、村人たちは外の世界へ出て行くことに。ラザロはひとり村に取り残されるが、やがて街に出て、かつての村人たちと再会し……。

 

 

■無垢な青年・ラザロが象徴するものとは?

 主人公の“ラザロ”という名前は、キリスト教の聖人と同じ名前。彼は新約聖書のヨハネ福音書に登場する人物で、キリストの奇跡によって死後4日目に蘇ったというエピソードが知られています。そして、本作の主人公・ラザロも、まるで聖人のような存在感をたたえています。文句を言わず黙々と働き、仲間から仕事を押し付けられても怒らないラザロ。邪険に扱われても、いつも穏やかに笑っています。彼は人を疑うことを知らず、周りから軽んじられても、自分が不当な扱いを受けているということにも気づいていません。

 こんなにも感情がないラザロは、もしかして人間ではなくゴーストなの?という疑念すら抱かせる姿に、観客は少しドキドキしながらも、映画の結末を見届けたいという気持ちになることでしょう。ラザロを演じるのは、高校在学中に監督にスカウトされたアドリアーノ・タルディオーロ。1,000人以上の中から発掘された新星です。無垢でいて、しかし心の奥では何を考えているか分からない瞳の演技は必見。デビュー作とは思えないほど、鮮烈な印象を残しています。

 

 

■村から街へ。異なる世界で生きることになった者たちは“幸福”なのか。


 

 映画の後半、村を離れたラザロは、先に出て行った村人を追うようにして、街へとたどり着きます。

そこで再会するのは、かつて農園でともに暮らした仲間たち。なかでもラザロのことを気にかけていた村人のアントニアは、久々の再会に驚き、道端でラザロの足元に跪きます。こうして聖人のように仲間に迎え入れられるラザロ。

 

 そこから、元村人たちの現在の暮らしぶりがどんどんと明らかになっていきます。お金をもらわず、農園主に搾取されていた生活から、彼らは労働の対価として賃金を得るようになっていました。しかし、収入は決して良くなく、時には詐欺まがいの商売でお金を稼ぐことも。さらにラザロは、農園主の息子・タンクレディにも再会します。昔の面影を残しながらも、すっかり没落したタンクレディ。お金も権力も失った彼ですが、お人好しのラザロは何とかタンクレディの力になろうと行動し……。

 


 

 かつての小作人生活と、賃金を得て働く今の生活。果たしてどちらが幸せなのか?映画の後半に差し掛かると、観客はそんな思いを抱くのではないでしょうか。賃金をもらえても、社会に搾取される構造は小作人のときと変わらないのでは?と……。村人たちの生活を前半と後半で対比させ、リアルな描写で浮き彫りにする展開は、ロルヴァケル監督の力量を感じさせます。日常のドラマの中に、少しだけ現実離れした設定を取り込んでしまう手腕は、前作『夏をゆく人々』にも通じるものがあります。

 

 

■物語を彩る、美しい映像も見どころ


 

 ほかにも見逃せないのは、デジタルではなくスーパー16mmフィルムで撮影された映像の美しさ。農園で村人たちが収穫する色鮮やかなタバコの葉。陽射しを浴びて汗を流しながら働く人々の姿。労働の合間に飲む、グラスに入ったコーヒー。小高い所から見下ろす村の風景など、ひとつひとつのショットが物語の世界観を支えています。また、劇中にときどき登場する“狼(オオカミ)”も、観客にさまざまな問いを投げかけるモチーフになっているので、鑑賞後それぞれが自分なりに解釈してみるとおもしろいかもしれません。

 


 

 人間を超越したような青年・ラザロの姿を描いたこの物語は、まさに現代社会にも通じる普遍的な寓話といえます。映画祭で話題をさらった本作を、ぜひ劇場でお楽しみください。そして、こんな傑作を生みだす若き才能、アリーチェ・ロルヴァケル監督の今後にも期待が高まります。まだ日本ではなじみが薄い監督ですが、覚えておいて損はない注目株です。

 


 

■『幸福なラザロ』(2018年/イタリア)

4月19日(金)よりBunkamuraル・シネマ他全国順次ロードショー

監督・脚本:アリーチェ・ロルヴァケル

出演:アドリアーノ・タルディオーロ、アニェーゼ・グラツィアーニ、アルバ・ロルヴァケル、ルカ・チコヴァーニ、トンマーゾ・ラーニョ、ニコレッタ・ブラスキほか

http://lazzaro.jp

 

©2018 tempesta srl ・ Amka Films Productions・ Ad Vitam Production ・ KNM ・ Pola Pandora RSI ・ Radiotelevisione svizzera・ Arte France Cinema ・ ZDF/ARTE

The post 【4/19公開】イタリアの新鋭が描く現代の寓話『幸福なラザロ』。無垢な青年の姿が問いかけるものとは? appeared first on PeLuLu(ペルル).

情報提供元:PeLuLu
記事名:「【4/19公開】イタリアの新鋭が描く現代の寓話『幸福なラザロ』。無垢な青年の姿が問いかけるものとは?