「ハリネズミのおはぎと羊毛フェルトのお友達」

 

はじめまして。ハンドメイド作家としてハリネズミグッズなどを制作しているちひろです。

1年半前から、ハリネズミの女の子おはぎと一緒に暮らしています。

 

「一緒に暮らしているハリネズミのおはぎです」

ハリネズミを飼っていると言うと

「どうしてハリネズミなの?」「ハリネズミって飼いやすいの?」

「ハリネズミって何を食べるの?」「ハリネズミって懐くの?」と必ず質問されます。

 

今回は、私がハリネズミを飼いはじめたきっかけについてお話しします。

「お腹や顔の毛はもふもふ」「我が家にきた頃のおはぎ」

 

 

 

小さい頃から犬を飼っていて、ペットと一緒に生活していたので、一人暮らしのお部屋でもペットと一緒に生活したいと思っていました。

私が住んでいるお部屋はペット不可の賃貸なので、犬や猫は飼えません。

飼えたとしても仕事で夜遅くまで帰らないので、お留守番させるのは可愛そう。

ワンルームのお部屋でも、窮屈な思いをさせずに飼えるペットがいいなと思っていました。

うさぎ、ハムスター、リス?と様々な小動物を調べ、たどり着いのが「ハリネズミ」でした。

トゲトゲの体から覗くクリクリのお目目に、もふもふの毛が愛くるしくて、いつの間にかハリネズミの虜になっていました。

夜行性なところも、私の生活リズムに合いそうだなと思いました。

 

その日から、ハリネズミの飼い方について調べる日々。

ハリネズミが食べるものや、ケージなどの飼育方法はもちろん、

近くにハリネズミを見てくれる病院や、ホテルはあるか

お部屋のオーナーさんにハリネズミを飼っていいかの確認もしました。

(ペット不可の賃貸でも、小動物なら種類によっては大丈夫なお部屋もあります。
オーナーさんに確認してみてくださいね。)

 

しっかり準備をして、いよいよハリネズミに会いに行くことに。

 

最近では、ペットショップの中にはハリネズミを扱っているお店も増えて来ましたが、

私は、エキゾチックアニマルを中心に扱っているお店に見に行きました。

そこにいた、ハリネズミの女の子に心奪われ、我が家にお迎えすることになったのです。

 

 「お迎えした日のおはぎ。まだ、抱っこしたりできませんでした。」

 

ちょっとビビリな女の子。

丸まった姿が和菓子の黒ごまおはぎにそっくりだったので、「おはぎ」と名付けました。

この日から、私とおはぎの生活が始まりました。

 

おはぎのとの生活はまた次回に続きます。

お楽しみに!

The post 「ハリネズミのおはぎとの出会い」【ハリネズミと手作りのある暮らし vol.1】 appeared first on PeLuLu(ペルル).

情報提供元:PeLuLu
記事名:「「ハリネズミのおはぎとの出会い」【ハリネズミと手作りのある暮らし vol.1】