『LENO(リノ)』のデニムジャケットといえば、「BRENDA」と名付けられた1枚。そのベースのモデルとなったのは、「1st type」と呼ばれるジャケット。そのクラシカルなディティールは当時の働く男性のために考えられた、機能性を高めるものでした。例えば、シンチバッグで絞ったウエストだったり、背中のタックであったり、それがあることで、格段に動きやすくなるのです。そんな要素をしっかり受け継ぎ、女性に合うようにシルエットを変化させたのが「BRENDA」なのです。

 

「BRENDA」がビックシルエットに!

“BRENDA”トラッカージャケット¥39,000/LENO(グッドスタンディング)


そんな「BRENDA」がこのAWで進化。ビックサイズが新鮮な「トラッカージャケット」として誕生しました。秋ならまだしも、冬にデニムジャケット?と首をかしげるのはまだお待ちを。中に着込んでもさらりと羽織れるサイズは、立派なアウターです。ビックシルエットなのにスタイルよく見えるのは、『LENO』のなせる技です。

 


あたたかい要素はまだあります。裏地にはウールがベースになったボーダーブランケットを使用しているので、しっかりと防寒できます。裏地のボーダーがちらりと見えると心まであたたかくなりますね。

 

バッグシルエットまで抜かりなく。


腰のシンチバックバックルなど、クラシカルな要素はバックシルエットまで共通。ウエストが絞られているので、ビックシルエットながらコンパクトな印象です。後ろ姿も美しく、また『LENO』のデニムらしい風合いも魅力。『LENO』では、現在主流になっているコンピューター制御の高速織機は使いません。高速織機の1/6のスピードでしか織れない旧式力織機を使うことで、デニム生地表面に凹凸の質感が生まれるのです。厚みがありながらも柔らかいデニムは、着るほどに体に馴染み、自分だけのデニムに変化していきます。

 

『LENO』のおかげで、今年の冬からはデニムジャケットをたくさん着られるように! 女性らしさを引き出してくれるジャケットで、自分だけのスタイルを表現してください。

 

グッドスタンディング

03-6447-2478

www.lenoandco.com

The post 『LENO』のアノ定番が進化。冬でもあたたかなデニムジャケットの登場 appeared first on PeLuLu(ペルル).

情報提供元:PeLuLu
記事名:「『LENO』のアノ定番が進化。冬でもあたたかなデニムジャケットの登場