バッグ ¥8,900 / AIGLE

 

 

AIGLE(エーグル)』がフランスで設立したのは、1853年。以来、165年にも亘る、歴史あるフレンチアウトドアライフスタイルブランドとして多くの人たちに親しまれています。

創設当時から一貫してアイコンであり続ける「ラバーブーツ」は、ずっと変わることなく、フランスの職人の手によって伝統的な製法を用いたハンドメイドされているそう。

 

自然に根ざした姿勢と、アウトドアからタウンまで幅広いフィールドで使える機能性へのこだわり、そしてフランスのエスプリを感じさせる洗練のスタイルで数多くのアイテムを提案し続けています。

 

 

『AIGLE』らしさを感じさせる、防水性のあるラバータッチ素材の新作

 

「ラバーブーツ」からスタートしたブランドであることを思い出させてくれる、ラバータッチのスラウチバッグ。

ポリウレタンコーティングされた素材を用いているため、防水性が高く、アウトドアにもぴったり!

内側に小さなポケットが付けられているため使い勝手がよく、柔らかい生地は見た目の大きさ以上にたくさんの物を入れられるのもいい。

カジュアルなスタイルに合わせて楽しみたいと思わせてくれる、新作のバッグです。

 

 

ニット帽子 ¥5,900、手袋 ¥5,900 / AIGLE

 

 

ベーシックでオーセンティックなケーブル柄

 

オーセンティックなデザインでベーシックな美しい表情を生み出す、ケーブル柄。それを全面に描いた「ニットキャップ」と「ニットグローブ」は、これから寒くなる季節のマストハブアイテム! トレンドに左右されずに使い続けられるパーマネントさが魅力です。

 

オーセンティックなデザインでありながらもトップにポンポンを配すことでどこか愛らしい表情の「ニットキャップ」。リアルなアウトドアシーンでも通用しながらも、モダンファンクションも兼ね備えられているアイテムです。

 

一方の「ニットグローブ」は手の甲中央位置に太めのケーブル柄を採用。やや薄手の編み立てで、華奢な女性の手にも馴染むエレガントな風合いです。それでいて、入り口部分のニットリブは長めにデザインされているのがなんともキュート。折り返して使うのはもちろんのこと、伸ばしてアウターの袖内に収めるのも魅力です。

 

 

 

「ラバーブーツ」ではない新作アイテムに触れることで、これまでとは別の『エーグル』の個性や妙味がきっと見えてくるはず。

 

 

AIGLE

0120-810-378(エーグルカスタマーサービス)

https://www.aigle.co.jp

 

 

 

photograph:Hiroshi Nakamura
styling:Saori Ikeda
text : Akira Watanabe

The post フレンチカジュアルのスタンダード、『AIGLE』の新作はもうチェックした? appeared first on PeLuLu(ペルル).

情報提供元:PeLuLu
記事名:「フレンチカジュアルのスタンダード、『AIGLE』の新作はもうチェックした?