ここ数年でおしゃれなショップが続々とオープンし注目を浴びている北参道〜千駄ヶ谷エリア。そこに構えるフラワーショップ「VEIN」は、小規模な空間ながらも、花好きやファッション好きの間では知られた存在です。

花屋として店頭で花を販売するほか、様々なショップやパーティー会場などの生け込み、装花を手掛けるなど、幅広く活躍しています。

 

VEINのセレクトする花たちは、どこかちょっぴりクセがあったり、独特な色味をしていたり、1輪でもさまにまる存在感を放っています。

ブーケやアレンジメントになった時の“彩の妙”や全体のバランス感が抜群で、うっとりするほど。

ほかにもスワッグやリース、ヘッドドレスなど、草花を使ったアイテムもどれも本当に素敵で、植物の可能性は無限なのだと感じさせてくれます。

 

 

夏らしい彩りのフラワーバッグを制作

そんなVEINの店主・山口香織さんによるワークショップが、谷中にある最小文化複合施設「HAGISO」にて行われるということで、この貴重な機会を逃すまいと、参加してきました。

今回制作したのは、フラワーバッグ。壁やドアに掛けて楽しめるアイテムです。

 

 

この日用意された花材は、夏らしいビタミンカラーが勢ぞろい。そこにスモーキーな色味のものも加わり、シックな雰囲気に。

ドライフラワーが多いので、制作後も色が褪せにくく、長く楽しめるのが魅力です。

 

今回使用した花材は、ヘリクリサム、サゴ、ティーツリー、ひまわり、スターチス、スティーリンジア(以上ドライフラワー)、エリンジューム、ブルーウェーブ、シースター(以上生花)など。

 

赤蔓に麻紐を巻き、ワイヤーで取っ手部分を作ったベースに、好きな花材を選びワイヤーとグルーガンで自由に付けていきます。

 

まずは両端から、ミニブーケのように小さく束ねたものを付けていき、徐々に中央に向かって埋めていくようにします。

 

今回は長さある葉ものを数種類まとめながら、両サイドに配しました。

あえて左右のシルエットが非対称になるように、躍動感をつけながら。

次に、中心にかけて様々な色・形・サイズの花を付けていき、センターには夏を象徴する「ひまわり」を主役に配置しました。

 

上手に作るコツは、花だけでなく実ものや葉ものを程よく混ぜながら、隣り合う花材の大きさにも強弱をつけること。そうすることで、より立体的で美しい仕上がりに。

 

 

 

今回はドライをメインに使ったため、3ヶ月〜半年ほどはこの色味の状態を楽しめ、色褪せていく経年変化も含めると半永久的に楽しめるそうです。

 

 

地域と文化と人をつなぐ、最小文化複合施設

 

ワークショップ会場となったHAGISOは、築60年の木造アパートを改修した趣のある建物。

1995年から木造アパート「萩荘」として使われた後、2004年からは東京藝術大学の学生によって、アトリエ兼シェアハウスとして使われてきました。

しかし2011年の東日本大震災を機に、老朽化のため解体する方針に。

そこで2012年、解体に先立ち「萩荘」の記憶を残すことを目的として、入居者一同による企画グループ展を開催したところ、3週間の展示期間で約1500もの人が来場しました。

この予想外の大盛況により、建物の価値が見直され、解体の計画は一転、改修され生まれ変わることに。

そして2013年3月に最小文化複合施設「HAGISO」としてオープンし、現在に至ります。

 

古さと新しさが同居した佇まい。入ってすぐ左はカフェスペースに。

 

1階にはカフェ「HAGI CAFE」、ギャラリー「HAGI ART」、今回WSが催されたレンタルスペース「HAGI ROOM」があり、2階にはホテルのレセプション&ショップ「hanare」、曜日ごとに店主の変わる、体のメンテナンスのためのサロン「HAGI salon」があります。

 

アパートとして使われていた面影を残す、2階へと続く階段。
2階にはホテルのレセプション&ショップ「hanare」、ボディメンテナンスのためのサロン「HAGI salon」が並ぶ。

 

谷中というローカルに根付いた様々な取り組みを行いながら、ここにしかない魅力や文化を発信する場所「HAGISO」。

海外からの観光客も多く、注目度の高さが伺えます。

歴史や文化を共有しに人と人が集う場所として、今後もいろいろな展示やイベント等を展開していくようなので、とても楽しみです。

 

 

セレクトショップ「THE MOTT HOUSE TOKYO」とのシェアスペースに店舗を構えるVEIN。

 

今回のワークショップで初めて挑戦したフラワーバッグ制作。

参加者たちそれぞれ個性のある作品が出来上がったのも興味深く、それもまた花の持つ魅力のひとつだと感じます。

日常に花があるだけで、気持ちが華やぎ、なんだか少し豊かになれる気がする。

忙しい日々を送る中でも、こうして花と触れ合う時間を持ち続けたいものです。

 

 

VEIN

東京都渋谷区千駄ヶ谷3-27-8

03-6325-2593

営業時間:12:00〜19:00

不定休

ブーケ、スワッグのオーダーは3,000円〜。

veintokyo.info@gmail.com

Instagram : @veintokyo 

 

 

HAGISO

東京都台東区谷中3-10-25

03-5832-9808(CAFE)

営業時間:8:00 - 10:30 (モーニング営業)/12:00 - 21:00
不定休(※臨時休業あり)

info@hagiso.jp

 

 

text : Yu Konisho

 

The post 暮らしに花を。飾って長く楽しめるフラワーバッグ作りを体験 appeared first on PeLuLu(ペルル).

情報提供元:PeLuLu
記事名:「暮らしに花を。飾って長く楽しめるフラワーバッグ作りを体験