横浜で両親と祖父母と暮らしていたちひろさん。

数年前から、ひとり暮らしを考えていたものの、実家の居心地の良さと、理想の物件を見つけられないこともあって、なかなか踏み切れなかった。そんな中、昨年秋「これしかないっ!」という運命の物件と出会って即決。

今回は、そんな彼女のお引越しストーリーをご紹介。


 

理想の物件との出会い

彼女の探していた物件は、会社がある渋谷に行きやすくて、実家にもすぐに帰りやすい東横線沿い。駅近、広く清潔感のあるワンルーム、セキュリティがしっかりしていることの他に、絶対にハズせない条件が2つ。

「料理をするのが好きなので、キッチンはとにかく重要だったんです。まず2口コンロがあること、調理スペースや大きめのダイニングテーブルの置き場が確保できること。また、DIYや物作りも好きなので、木材や各材料を置いておける場所と作業スペースも大事でした。ただ、予算9万円以内で、こんな欲張りなお部屋はそうそう見つからないんですよ(笑)」

ところがあったのだ。場所は大井町線の緑が丘駅近くの30平米。築20年の1DKだが、オートロックで、家庭用システムキッチンが付いているし、条件以上の3口コンロ。豊富な収納もあった。それが、なんと8万2000円(※会社の家賃補助利用)!

 

「緑が丘という駅名さえ知らなかったんですが、調べてみると自由が丘から徒歩圏内。新築物件だったら家賃はかなり高めですが、リノベーション賃貸のTOMOSだったので、家賃も割安。それに、ワンルームにカスタマイズできるというので、大きなテーブルも置けるし、作業スペースも確保できる。私の譲れない条件をすべて叶えることができる理想の物件だったので、まさに運命の出会いでした」。

 


「リノベーションの内容は、1DKだったお部屋をワンルームに変え、床はオーク材に変更。ライティングレールにしたり、クローゼットの外側にシートを貼り、中に棚をつけてもらって、収納力をアップしました」。

 

憧れのキッチンと暮らす

実家暮らしだったので運ぶも荷物も少なく、宅配便と父親の車で引越しを済ませたというちひろさん。

「実家の地下室に置きっぱなしになっていたアンティークのテーブルを修理して、この部屋の中心に置きたかったんです。とりあえず、それを置いてみて、棚やボード、カーテンなどを作ったり、テーブルに合わせて雑貨や椅子、器なども少しずつ揃えていっているところです」。

 

部屋を見回すと、食材の入った瓶や籠を置いたり、ハーブを干していたり、またダッチーオーブン、すり鉢など、食にまつわる色々な雑貨がさりげなく置かれている。

「料理と食を楽しめる部屋が夢でした。まだ引っ越して間もないのですが、パンを作る会をやったり、鍋パーティもやったり。みんなからは、まるでキッチンに住んでいるみたいだね、とよく言われます(笑)」

 

 

(右上)クローゼットが床から少し高い位置にあるので、ベッドを横付けできて空間を無駄なく使える。照明もリモコンで操作できるように自分でカスタマイズ。(下)アメリカでちひろさんのお母さんが購入したというアンティークのテーブル。


 


 

住んでみてから気づいたこと

念願のひとり暮らしを満喫しているちひろさん。実際に住んでみてからわかったことが幾つかあったという。

「ひとり暮らしなので、家電や照明などあれこれ揃えなくちゃと、引っ越し前に注文してしまったものもありました。でも、いざ、住んでみると、思ったよりも広かったり、狭かったりするスペースがあって失敗したこともあったんです。やはり、家具は住んでみてから徐々に揃えていった方がいいと思いました」

 

また、街自体も、実は住んでみてからたくさんの発見があったのだそう。

「緑が丘は、お隣の自由が丘に比べると何もないように思われていますが、実は一軒家風のイタリアンや可愛いカフェなど、隠れ家的なお店もちょこちょこあるんです。そういう店や街は、人がワサワサいないので落ち着いているし、買い物などは、散歩しているとすぐ自由が丘になので、普通のスーパーで手に入らない食材や気の利いた雑貨が欲しいなと思っても困らない。人気の街のわざと外れを狙うというのは、案外、面白いし便利。おすすめです」。

 

 

 

 

ちひろさんのお部屋をもっと見る方はこちらから

 

「ひとりの暮らし」インテリア実例の一覧へ

The post 運命のリノベ物件に出会って、憧れのキッチンを実現! 【プチDIY女子達のお部屋案内】 appeared first on PeLuLu(ペルル).

情報提供元:PeLuLu
記事名:「運命のリノベ物件に出会って、憧れのキッチンを実現! 【プチDIY女子達のお部屋案内】