さまざまな“現場”において、最大限に無駄を削ぎ落とした「究極の機能美アイテム」にふと出会うことがある。それらは共通して非常にシンプルで、どんな空間にも馴染み、使う人を選ばないルックスをしている。シンプルがゆえに用途も使う人によってさまざまだ。

 

ふらりと立ち寄った『D&DEPARTMENT』でそんなアイテムに出会った。

『D&DEPARTMENT』で取扱うアイテムは、全店共通で扱う定番の「日本と世界のロングライフデザイン商品」と、それぞれの地域が独自に発掘する「地域のロングライフデザイン商品」で構成されている。地域には全国視点の刺激と情報を与えながら、地域で発掘された商品を全国に広がるネットワークを使って発信することで、新たな交流を生み出している。

 

 

 

 

こちらは医療現場で使用されている業務用の「医療用バスケット」。本来の用途は、血液検査の際に保存用の血液を収納しておくかご。『D&DEPARTMENT』では医療現場やオフィスなどで使われている道具や業務用品を、生活道具として提案している。中でも、医療現場や理化学研究室などで使われている道具は一目で中身が分かるように作られていたり、清潔に保つことができる素材でできているため、実はさまざまな物の整理や保管に活躍するのだ。

 

真ん中に仕切りがあり、中央には持ち手もついているので持ち運びにもとても便利。キッチンではたくさんあるタッパーのふたや、調味料入れに。ダイニングでは薬入れに。バスルームではシャンプーなどの消耗品をまとめたり...。

 

さらに表面がコーティングされているので、水回りでの使用もおすすめ。例えばアウトドアシーン。ビールやジュースなどの瓶を入れて(350ml入りの缶が10本入る!)そのまま水につけて冷やしたり、収納だけでなく水切りかごとしても。

 

 

 

 

医療用バスケット¥1800

 

 

D&DEPARTMENT

http://www.d-department.com/(D&DEPARTMENT PROJECT)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

The post 医療現場で使用されている業務用の「医療用バスケット」。実は、こんな使い方やあんな使い方もできる。 appeared first on PeLuLu(ペルル).

情報提供元:PeLuLu
記事名:「医療現場で使用されている業務用の「医療用バスケット」。実は、こんな使い方やあんな使い方もできる。