『中川政七商店』といえば、1716年、江戸時代に奈良の伝統工芸である高級麻織物「奈良晒(ならさらし)の卸問屋として創業した老舗中の老舗。屋号を冠したブランド『中川政七商店』は300年の歴史をもつ老舗ならではの温故知新の想いを根底に、品質やこだわりを大切に現代の家・生活に根ざした機能的で美しい「暮らしの道具」の数々を揃えている。

 

 

 

 

あざやかなカラーリングが目を引くこちらは『中川政七商店』の台ふきん。

 

奈良県の特産品である蚊帳生地の吸水速乾性に優れる特長を生かした、機能的なふきんだ。生活様式の変化によって需要が減った蚊帳生地を活かしたいという思いから生まれたという。

 

一般的なふきんよりも薄く、目が粗いのが蚊帳生地の特長。そんな蚊帳生地を3枚重ねで縫い合わせているのでとても丈夫。さらに、吊るして干すことのできるループ付きで使い勝手も申し分ない。買ったままのふきんにはノリがついていてパリッとしているので、一度ぬるま湯で水洗いしノリを落としてから使用する。使うほどにふんわりとした肌触りになり、吸水性も良くなっていく。

 

 

 

 

 

ビビットなカラーのふきんは、キッチンのおそうじも楽しい気分にしてくれる事うけあい。黄色は「ヤマブキ」、青色は「アヤメ」と、和の趣を感じさせるカラーネームに心をくすぐられる。台ふきん以外にも、食器を拭いたり、汚れてきたら雑巾へと風合いを変えながら、さまざまに活躍してくれる。ご挨拶やお祝い、お返し等の贈りものにも最適だ。

 

 

 

台ふきん各¥450

 

 

 

中川政七商店

https://www.nakagawa-masashichi.jp/

 

 

 

 

 

The post 奈良の特産品、蚊帳生地を美しく機能的に再生した『中川政七商店』の台ふきんをキッチンの相棒に。 appeared first on PeLuLu(ペルル).

情報提供元:PeLuLu
記事名:「奈良の特産品、蚊帳生地を美しく機能的に再生した『中川政七商店』の台ふきんをキッチンの相棒に。