特にキッチン回りで使うアイテムなどは、「どうせ消耗品だから...」と長く使うことを諦めてはいないだろうか。

鍋や包丁などの調理器具は入念に下調べして、これこそは!というアイテムを選ぶことが多いのに対し、水回りのアイテムなどは適当なもので済ましがち。特にキッチンスポンジはその最たるもの。しかし、そういった一見すると侮られがちなアイテムこそが、日々欠かさず活躍し生活を支えてくれていることを思い出してみてほしい。そう、「消耗品」こそが「出番の多い必需品」であり、こだわるべきアイテムだということを。

 

 

 

 

誕生してから実に100年以上の歴史を持つ『亀の子束子』(束子、と書いてたわしと読む!)。そしてその誕生以来、高い技術を持つ熟練職人が厳選された素材のみを使って、1つ1つ手作りで作り続けている。「信頼される品質が確かな価値」と考え、出荷前の最終検査は1つのたわしに付き実に20項目以上にも及ぶ。良質な製品は長く使え、経済的にも負担が軽くなる上に、エコにも繋がる。『亀の子束子』は昔と変わらない形と品質の良さ、優れた耐久性と機能性からお客様に長く愛され続けているのだ。

 

 

 

 

今回紹介するのは、「亀の子スポンジ Do」。たわしの元祖である「亀の子束子」から「亀の子」の名前を受け継ぎ、新しく「スポンジのスタンダード」となるべく2015年に誕生した「亀の子スポンジ」のコンセプトをそのままに、さらに「持ちやすい形」・「耐久性」にこだわったシリーズだ。まず注目したいのはその優れた抗菌作用。抗菌剤として、古来より抗菌効果に定評のある「銅」の微粒粉を使っている。上部のグリーンの部分は、銅の微粒粉が混ぜ込まれた塗料を塗布しているのだ。

 

また耐久性も見逃せない。水切れ・泡切れが良く、繰り返しの使用にも耐える高い耐久性を備えている。さらに異素材の張り合わせではないため素材間の不快な剥離もなく、長期間快適に使用できるというメリットも。

 

 

 

 

種類も豊富。浴槽の掃除用やキッチンでのコップ洗い用、もちろんオールマイティーに使用できるシンプルな形のものも。使用後は、水ですすいでホルダーに斜めに掛けて置くだけでOK。抜群の水切れ泡切れで、次の日にはカラカラの乾いた状態に。スポンジのあの嫌な匂いも防いでくれるというから、優秀なことこの上ない。

 

消耗品とされるアイテムこそ、丈夫かつこだわりのあるアイテムを選ぶことが、あこがれの丁寧なライフスタイルへと一歩進む架け橋になりそうだ。

 

 

 

 

亀の子スポンジDoバス洗いグリーン¥450

亀の子スポンジ(ホワイト、グレー、オレンジ)各¥300

亀の子スポンジホルダー¥800

亀の子スポンジDo木の葉型グリーン¥230

亀の子スポンジDo角型グリーン¥230

 

 

 

 

亀の子束子

http://www.kamenoko-tawashi.co.jp/

 

03-3916-3231

 

 

 

The post 毎日使うものだからこそ、使い心地にこだわって。『亀の子束子』のキッチンスポンジで毎日快適。 appeared first on PeLuLu(ペルル).

情報提供元:PeLuLu
記事名:「毎日使うものだからこそ、使い心地にこだわって。『亀の子束子』のキッチンスポンジで毎日快適。