ジャムやオリーブ、スープにピクルス。瓶詰めのアイテムが好きだ。

 

週末に最寄りのスーパーに立ち寄るときは、吸い寄せられるようについつい海外食材のコーナーへ。何とも言えない、どこか懐かしさを感じるレトロポップなデザインや、英字のみがさらっと印刷されているだけのシンプルシックなデザイン。多種多様なデザインがあるが、瓶というひとつの大きなカテゴリーに属するからなのか、どれを組み合わせても統一感が出る。キッチンに雑然と並べておくだけで絵になるので、ジャケ買いもしばしば...。

 

お気に入りの瓶を揃えて、さあ食べてみようかしら。とそんな折、時たまぶつかる小さな問題、“蓋が開かない!”。

これが結構やっかいな問題な訳で...開かない時は、とにかく開かない。はやく食べたいのに、肝心の蓋が開かない。こんなジレンマを解消してくれる、隠れた名品があったのをご存知だろうか。

 

 

 

 

1942年から70年以上もアメリカで生産され続けている『HANDYAID(ハンディエイド)』。『HANDYAID』は、ジャムの瓶の蓋を開ける際などに使うゴム製品だ。

 

 

 

 

表面にはグラフィカルに凹みが配置され、グリップ力を向上させる役割を持つ。本体は天然ゴムでできており、柔らかい。どんな形の蓋にもフィットする天然ゴムは、女性や子供にも使いやすい便利なアイテムだ。

 

 

 

 

飾らないシンプルなデザインに、レトロなマスタードカラーがマッチ。70年以上もアメリカで生産され続けており、古き良きアメリカを彷彿とさせるパッケージも魅力のひとつ。

 

キッチンやバスルームには大小たくさんの容器があふれている。一見すると地味なアイテムに見えがちなこの『HANDYAID』、実際に使ってみるとその便利さに驚くはず。買いやすいプライスも魅力的だ。

 

 

 

HANDY AID¥1200

 

 

 

The Handyaid Company / プレインマウンテン

http://playmountain-tokyo.com/

03-5775-6747

The post キッチンやバスルームでの小さなジレンマ。それを解決してくれる、アメリカ生まれの『HANDYAID(ハンディエイド)』。 appeared first on PeLuLu(ペルル).

情報提供元:PeLuLu
記事名:「キッチンやバスルームでの小さなジレンマ。それを解決してくれる、アメリカ生まれの『HANDYAID(ハンディエイド)』。