美味しいものが大好きな食いしん坊が、かなり辛口の評価基準を持っている方ですが、「美味しい、好き」とおっしゃっていたのは、丁度、予約を入れた時でした。その人とベトナム料理が上手く結びつかないのだけど、と思いつつ、当日が来るのを楽しみにしていました。これまでもベトナム料理はちょくちょく行っていたけれど、Vol. 22でご紹介した「スガハラ フォー」といい、このところのベトナム料理はフランス料理のような雰囲気を感じます。

 

ベトナム料理は、お野菜が多く摂れて、激辛だったりという強い味がないから好きなのですが、最近食べるベトナム料理は、ソース(ドレッシングにタレも)に個性があるようです。フランス料理のソースのようなソースではないのですが、お店の個性を感じます。

 

最寄駅は、外苑前ですが、千駄ヶ谷からお散歩気分で歩いてお店に向かいました。ちょこんと看板が出ています。初めて行くときは、見逃さないように気をつけて!この日はランチです。

 

Ăn Điで外せないものはいくつかありますが、飲み物は「レモンサワー」が絶品です。大好きなタケダワイナリーのサン・スフルもあったのですが、食いしん坊のお友達から情報入手していたので、もちろん「レモンサワー」を注文しました。

ランチでも、普通のコースを頼むことができますが、アラカルトでいただくことにしました。メニューを見ながらカウンターの中のソムリエールさんと歓談。彼女の一押しが、「Tea Leaf Salad」お茶の葉っぱのサラダです。お茶の葉っぱというのは、福岡の八女茶を発酵させた茶葉です。きゅうり、干しエビ、カシューナッツ、レモン、などなど、十数種類の具の上に発酵茶葉がのっています。これに、バジルのソースをかけて、混ぜます。全てが綺麗に混ざるまで、一仕事です。

 

 

そして、混ざった状態が、こちら。香りの代表選手パクチー、歯ごたえのある干しエビ、甘い梨、酸っぱいレモン、きゅうりと、味と食材の食感の違いが見事に混ざって、一口、そして次の一口と、同じ味がしないのです。素晴らしいです。嫌いな食材があるとこの感激は味わえないかもしれないけれど、Ăn Điに行ったら、是非、ティーリーフサラダを食べて欲しいです。

 

 

そして、チキンの生春巻きは紫蘇が入っています。とても、さっぱり。

 

それから揚げ春巻き。被ってしまったけど、これも、チキン。ハーブと葉っぱもたくさんあって、もちもちした食感が初めての揚げ春巻きの感覚で、揚げ物という感じはあまりなかったです。

 

さて、この日いただいたワイン。南アフリカのシュナンブラン。ティーリーフサラダの色々な食感・味にぴったりの、爽やかで果実みや強さも感じるワインでした。最近、南アフリカの美味しいワインにであうことがよくあるので、南アフリカは要チェックですね。

 

 

さて、次に赤を、とお願いして出てきたのが、この3本。この中から、一番右、オーストラリアのJamsheed Laneway Red。ピノ・ノワールとシラーということで、両方がいい感じでミックスされているようでした。

 

そして、レモンバームのハーブティーと金柑。

 

ベトナム料理なのですが、どのお料理にも、和が入ることで、複雑さが加わり、モダンなベトナム料理、ガストロノミーに進化したベトナム料理という新しいカテゴリーを作っているようです。。(ティーリーフサラダは八女茶、生春巻きには紫蘇、揚げ春巻きは米粉。)去年の夏にオープンしたのに、ミシュラン2018で「星は逃したがお値段はリーズナブルで美味しいお店」と評価される「ビブグルマン」に選ばれたのも頷けます。そして、恐らく、これから予約困難店になってしまうのでしょう。

 

Ăn Đi(アンディ)

住所:東京都渋谷区神宮前3-42-12 1F

電話:03-6447-5447

営業時間:【火~金】18:00~23:00(L.O.)
     【土・日】12:00~13:30(L.O.)、18:00~23:00(L.O.)

定休日:月曜日

 

http://andivietnamese.com/

The post ベトナム料理と自然派ワイン ここに来たら、Tea Leaf Saladは必ず食べたい 外苑前「Ăn Đi」【Bliss! Happy Foodie Life ーVol.28 】 appeared first on PeLuLu(ペルル).

情報提供元:PeLuLu
記事名:「ベトナム料理と自然派ワイン ここに来たら、Tea Leaf Saladは必ず食べたい 外苑前「Ăn Đi」【Bliss! Happy Foodie Life ーVol.28 】