意外と存在感があるランドリーバスケット。だから、インテリアに馴染む素敵なものを選びたい。なのに、脱衣所や洗面所など人目にあまりつかない場所にあるせいもあって、いつか気に入るものが見つかるまでは適当なもので間に合わせて、モヤモヤしながらもそのままそれを使い続けるということになってしまっている。なんてこと、ないだろうか。今年のモヤモヤは、今年のうちに解決するべく、ランドリーバスケットもアップデートしませんか?

 

では、お気に入りの洗濯物入れってどんなのかしら?と真剣に考えてみると、これがなかなかハードルが高いことに、あらためて気付かされる。

まず、ある程度洗濯物をためておけるような容量がほしい。でも、それほど大きくなく存在感を誇示するものは避けたい。そして、できれば中身は見えない方がいい。それでもって、ナチュラルな感じのデザインがよいもだと尚良い。我ながらとっても欲張りだと思うけれど、グッドデザインのランドリーバッグをでとうとう見つけてしまったのだ。

 

イタリアのブランドUASHMAMAの特徴はなんといってものその素材。使用されているのは、セルローズファイバーという天然の木質繊維で、要するに紙なのだ。とはいえ、チープな印象はまったくなく、それどころか使い込んだレザーのような質感がありどことなく高級感がある。そして、北欧、インダストリアル、ナチュラルとどんなテイストの部屋にも馴染むデザインが魅力的で、脱衣所以外の場所に置いてあっても違和感はない。

見た目も素敵だけど、使い勝手も気になるところ。そこももちろん、十分に満足できる仕様となっている。紙だけれど特殊な加工が施されたこの素材は、厚手で丈夫、そして水洗いができるので、衛生的なのも嬉しい。もちろん、紙だから軽いので、持ち運ぶときにも重宝する。それに、見た目がお洒落だから、このままランドリーバッグとしてクリーニングやコインランドリーに持って出かけるのも良し。使わないときには、畳んでしまっておける。さらに、サイドについているボタンで、同じものを連結ができるので、何個かつなげれば洗濯物の仕分けにも便利。と、こんなに機能的! とりあえず、白物と柄物用にふたつ用意しようかな。来年は苦手なお洗濯も楽しめそうな気がする。

 

ランドリーバック¥9,300

https://tlbhome.com/

03-5647-8358(ティーエルビーホーム)

 

photograph:kimyongduck

styling:Mari Nagasaka

text : Tomomi Nishihara

The post 絶対欲しい!イタリア生まれの『UASHMAMA』のランドリーバッグで味気ない脱衣所のお洒落に変身 appeared first on PeLuLu(ペルル).

情報提供元:PeLuLu
記事名:「絶対欲しい!イタリア生まれの『UASHMAMA』のランドリーバッグで味気ない脱衣所のお洒落に変身