昨日は調子良かったはずなのに、今日はなんだかハリがない・・・なんだか毛穴が気になる・・などなどお肌の悩みは尽きないものですよね。特に毛穴ケアはすぐに実感がでるものでもありませんし、間違ったやり方でスキンケアをしているとどんどん悪化してしまいます。正しい知識を身につけて、彼との接近戦も怖くない赤ちゃんのようなきめ細やかな毛穴レス肌を作っていきましょう!

意外と知らない!あなたの毛穴は何タイプ?

 

 

実は毛穴には色々なタイプがあります。

それぞれに合った方法でケアをしていくことが、毛穴撃退の1番の近道です!

肌の部位によっても毛穴タイプは異なったりもしますので、まずは自分が悩んでいるのはどんなタイプの毛穴なのか知っておきましょう!

 

・黒ずみ毛穴

 

毛穴から出て行くはずだった皮脂が正常に排出できなかった時、古い角質と皮脂とが混ざってしまい、角栓が出来ます。

これが酸化し黒くなり、毛穴が詰まり開いてしまいます。

そして、表面がザラザラとして皆様も一度は見たことがあるであろう、あの黒いブツブツが現れます。

 

角栓は皮脂や古い角質、雑菌の塊の三拍子です。

いつ炎症を起こしてもおかしくない状態なので早めのケアが大切です。

 

特に注意して頂きたいのが、メイク落としや洗顔。

これがしっかり出来ていないと角栓ができやすいので、『メイクをしたまま眠ってしまった!』ということがよくある方は要注意ですよ!

 

・メラニン毛穴

 

黒ずみ毛穴の中には、汚れではなくメラニンが原因で黒く見えるものもあります。

盛り上がっているわけでもなく、ザラザラしているわけでもないに、小さな黒い点々だけがお肌に見える・・という方は『メラニン毛穴』の可能性があります。

 

メラニン毛穴は、『毛穴ジミ』とも呼ばれていて、紫外線などでダメージを受けた毛穴の入り口にメラニンが溜まっている状態です。

メラニン毛穴の場合、ターンオーバーを整えて溜まったメラニンを上手に排出することが大切です!

 

シミと同様に美白成分の入った化粧品や年中無休で紫外線対策をしてケアする事をオススメします。

 

・たるみ毛穴

 

本来丸い形をしている毛穴が老化などによってたるんでしまうと、その皮膚が下に引っ張られ、しずくのような形になります。

これを『たるみ毛穴』といいます。

たるみ毛穴のケアには、お肌のハリや弾力を取り戻すことが1番大切です。

 

お肌を老化させる、紫外線対策や、顔のエクササイズなどのアンチエイジング対策を行うことが効果的です。

また水分をたっぷりお肌に補給したあげることも忘れないで下さい。

 

・帯状毛穴

 

あまり出会いたくない毛穴の1つが、この帯状毛穴です。

なんとこちらは毛穴と毛穴がつながっている状態のことです。

きちんとケアをしなかったり、無理やり毛穴の汚れを取っているとどんどん広がり、それがいくつかできると、それらは小ジワで結ばれてしまい、ゆくゆくは大きなシワになる可能性もあります。

 

ポツポツ毛穴がシワになるなんて許せませんよね。

帯状毛穴は、一度できると市販品によるアイテムや自分自身でのケアが難しい場合もあり、医療機関でないと改善できない場合もあります。

ここまでならないうちにしっかりと日々のケアをしましょう。

 

・クレーター毛穴

 

イチゴのようなポツポツとそうでないところがハッキリわかれていたり、オレンジのようにデコボコしていたり、その場合は『クレーター毛穴』の可能性があります。

 

クレーター毛穴は、ニキビによる炎症や、無理に毛穴の皮脂や角栓を押し出すそうとして皮膚を傷つけてしまったことが原因で、毛穴部分にニキビ跡が残ってしまう状態です。

メイクでも隠しきれないほどのお肌になってしまいます。

クレーター毛穴は、ホームケアではなかなか治すのが難しいため、美容クリニックでケアすることが1番オススメです。

 

毛穴タイプに合わせたケア方法は?

 

 

・黒ずみ毛穴のケア方法

 

古い角質や皮脂がつまったことが原因で出来てしまう黒ずみ毛穴は、毛穴のつまりをとるケアが大切です。気をつけることは以下の4つです。

 

1.毛穴を詰まらせる不要な角質を、肌に傷をつけぬように取り除く

 

2.不要な角質が生み出される前に原因をなくす

 

3.角栓が取れやすいように毛穴をやわらかくしておく

 

4.スキンケアの見直し

 

まず、『不要な角質を取り除く方法』ですが、角栓はたんぱく質ですので油性を取り除くように作られているクレンジングではなかなか落とせません。

ですので、たんぱく質系の汚れを優しく落とせるピーリング商品や酵素洗顔などを使って優しく週に2、3度ケアをしましょう。

 

やりすぎや強く激しくゴシゴシするのは、逆に毛穴を傷つける原因になりますので、しっかりお肌の様子を見ながら行いましょう。

 

ケア後は、不要な角質が作られるもとである、乾燥や角質層へのダメージを防ぐためにも、いつもより念入りにたっぷりと保湿をしてあげてください。

 

・メラニン毛穴のケア方法

 

メラニン毛穴は、毛穴のところにメラニンが溜まってしまっている状態です。

肌のターンオーバーが正常に行われているとメラニン色素は体外に排出されるのですが、そのバランスが崩れてしまうと排出が滞ってしまいます。

 

そんなメラニン毛穴の対処法は美白作用のあるスキンケアアイテムを正しく使うと効果的です。

メラニンの排出や生成阻止に特化したアイテムとしてつくられている商品ですので、自分の肌に合うものを見つけて使い続けてみるといいでしょう。

 

代表的な美白成分には、「ビタミンC誘導体」や、「トラネキサム酸」、「アルブチン」などがあります。

 

注意するポイントとしては、これらの成分は配合量まではパッケージに記載されていないことが多い為、きちんとしたメーカーの物を使用する事をオススメします。

いくら配合されていても、美容成分が少ないものはなかなか効果が出にくいです。

 

・たるみ毛穴・帯状毛穴のケア方法

 

たるみ毛穴や、帯状毛穴は圧倒的な水分不足が原因であることがほとんどです。

触ると肌がごわついていて、開きもだんだん目に見えるようになってきます。

瞬時に戻すことは出来ませんが、日頃のケアで綺麗な素肌を取り戻しましょう。

 

気をつけることは基本的に4つです。

 

1.メイクは優しく・しっかり落としきりましょう。

 

2.洗顔後は氷水や冷水で顔を冷やし、毛穴を閉める癖をつけましょう。

 

3.化粧水をたっぷりと浸透させて水分保持力をつけましょう。

 

4.お風呂やスチームなどでしっかり汗をかき、毛穴につまっている汚れを排出しましょう。

 

ひとつひとつを見てみると、画期的なことでもなんでもないのですが、お手入れは毎日コツコツやっていくことが大切です。

続けることによって徐々に毛穴はしまってくるので、忙しいときもなるべくお肌に優しいお手入れを心がけたいですよね。

 

 

いかがでしたか?

お肌の悩みは人それぞれ多くあるかと思いますが、毛穴は歳とともに赤ちゃんの肌のようにはいかなくなってきます。

ですが、毎日スペシャルケアなどしなくても、コツコツとお手入れしてあげることで必ず変わってきます。

 

その時その時でお肌の状態は違います。

自分のお肌と向き合って日々ケアしてあげることが大切です。

いくつになっても赤ちゃん肌目指しましょう♪

 

<監修者情報>

 

【カシワバ マリコ】

 

監修者情報

 

felicita.cosmetic 代表 ビューティーアドバイザー

 

1982年、札幌生まれ。

学生時代から美容が大好きで、沢山のコスメを試し24歳で長男誕生をきっかけに「息子達が20歳を過ぎても一緒に歩ける女性でいる」という決意から、さらに美を追求するように。

一般企業で働きながら毎日、肌や体の仕組みを勉強するようになり、より知識が欲しいと日本化粧品検定2級を取得。

また、美肌は体の中から作られる事とスーパーフードの持つ力を日々の食事で活用し、家族や世の中に発信していける人になりたいと資格取得。

そして、メイクの可能性はとても大きく、メイク好きをさらに生かしたいとメイクアップアーティストの資格も取得と同時に、スキンケアアドバイザーとしても活動。

その後、自分の本当にやりたい事を考え約15年務めていた会社の地位や名誉を捨て退職。

人生1度きりと言う事・本当に自分がやりたい事を極める為・いつまでも女性である事を発信していく人になりたいと女性起業家に転身。

一人でも多くの女性を綺麗にしてあげたい・力になりたいという思いで札幌を拠点に活動中。

 

【取得免許】

メイクアップアーティスト・スーパーフードプランナー・スキンケアセラピスト・スキンケアアドバイザー・日本化粧品検定2級

 

【主な活動】

札幌ビューティープロジェクト 札幌女子美容応援プロジェクト

 



関連記事

・タイプ別♡自分に合った毛穴ケアで目指せ赤ちゃん肌!

・タイプ別♡自分に合った毛穴ケアで目指せ赤ちゃん肌!

・タイプ別♡自分に合った毛穴ケアで目指せ赤ちゃん肌!

情報提供元:myreco
記事名:「タイプ別♡自分に合った毛穴ケアで目指せ赤ちゃん肌!