挑戦しやすい春のさくらピンクカラー


グラデーションのピンクカラー



毛先をブリーチして明るくしたピンクカラー。
根元が暗めでもグラデーションなら軽く見えますね。


根元が伸びてきても気になりづらいのも魅力です。


フェミニンなピンクカラー



ベージュが混ざったような柔らかいピンクカラー。
色素の薄い女の子に憧れる人におすすめです。


ふわふわの髪に見えるカラーなので、ボリュームを持たせるセットだと更にカラーの魅力を活かせますよ。


ラベンダーよりのピンクカラー



ラベンダーを混ぜたピンクカラー。
より馴染みが良くおしゃれな仕上がりになります。


お好みでインナーカラーやハイライトを入れると更にこなれた雰囲気が出ますよ。


チェリーのようなピンクカラー



赤みが強めでチェリーっぽい色味のピンクカラー。
控えめでもしっかりピンクを出したいという人は、このくらいのトーンなら派手になりすぎません。


透明感抜群の春のさくらピンクカラー


ふんわりラベンダーピンクカラー



ラベンダーを混ぜた透け感の強いピンクカラー。
ミディアムの長さは毛先を内外にワンカールすると、カラーと相まって可憐な印象になります。


ビビッドなピンクカラー



ひと目でカラーが目に入る鮮やかなピンクカラー。


元のカラーが明るい、ピンク系を何度も入れているなど、状態によってはブリーチなしでもこのくらいはっきりピンクが入ります。


ツヤ感のあるラベンダーピンクカラー



女性らしさを強調するツヤ感の強いピンクカラー。
ラベンダーも入っていることで透明感も倍増し、天使の輪が映えますね。


ハイトーンの春のさくらピンクカラー


ハイライトたっぷりのピンクカラー



トーンは明るめながら、どこか落ち着きも感じさせるピンクカラー。
たっぷりのハイライトで動きが出て、軽やかなスタイルです。
 

淡いパープルピンクカラー



青みが強く儚げな印象のピンクカラー。
ハイトーンのピンクでも色味の違いで随分と印象が変わります。


毛先がかなり白っぽいピンクでアクセントが効いていますね。


クールなピンクカラー



どこかクールでモードなピンクカラー。
細めにカールをしていますが、ストレートだとまた大きく印象が変わりますよ。



春にぴったりのさくらピンクカラーをご紹介しました。

かなりピンクを主張したカラーも、カラー剤や元のカラー履歴によってはブリーチなしで再現することができます。


逆にカラーをしたことのない人やマット系のヘアカラーをしている人は、染まりにくい場合もあるので注意。


したいカラーが明確になっているほうがイメージ通りになりやすいので、美容師さんに画像を見せながら相談するのがおすすめですよ♪

情報提供元:myreco
記事名:「春ヘアはピンクカラーにチャレンジ♡さくらっぽさで季節感を取り入れて!