喧嘩したときの2人のルールを考えておく



社内恋愛の場合、万が一喧嘩してしまったときの対応を考えておく必要があります。


喧嘩をしてお互いに無視していたら、さすがに職場全体の空気まで悪くなります。 


「喧嘩をしても最低限の挨拶はちゃんとしようね」「他の人には愚痴を言わないこと」と2人なりのルールを考えておくことで、喧嘩したときも周りに迷惑をかけずに済むでしょう。


メリハリをつけながら仕事をしないと、自分たちも思うように作業がはかどらなくなってしまいます。 


お互いに誤解を与えないように異性との距離感について話し合う



社内恋愛はお互いに顔を合わせられる安心感がある一方で、異性と話している姿もすぐに確認できます。


ちょっと距離感が近かったり、やたらと仲良くしていたり……。

彼に気がなくても相手は気をもっている場合もあるかもしれません。 


彼と社内恋愛を始めるなら、異性との距離感についてもよく話し合っておきましょう。


どんなときも相手に心配をかけないように振る舞うことで、喧嘩予防にも繋がります。


「2人きりではお茶しない」「誘われてもスマートに断る」など、ルールを設定しておいたほうが良さそうですよ♡


仕事帰りデートの待ち合わせ方法を決めておく



社内恋愛スタートさせるということは、たまには仕事帰りにデートをするときもあるはず。


しかし、さすがに会社からすぐ近くで待ち合わせをすると、誰かには必ずその姿を見られてしまいます。


相手は「誰にも言わないから~!」と言っていたとしても、後日噂を流されちゃう可能性もあるのが大人の社会。


できれば余計な噂が立たないように、仕事帰りにデートをするときは会社から離れた場所で待ち合わせましょう。


周囲に打ち明けるべきかどうか方針を決める



最後に話し合っておきたいのは、2人の関係を周囲に打ち明けるかどうかです。それぞれ考えていることが違うなら、すり合わせる必要があります。


彼女としてはせめて同期の女性たちには伝えたいと思うかもしれないけれど、彼は出世も大事にしたいから誰にも言わないでほしいと考えるかも。


人を選んで打ち明ける方法もありますが、可能なら自分たちからは打ち明けずに結婚などの節目を迎えたら報告するくらいでも十分間に合うはずです。



社内恋愛をスタートさせるときは必ず2人で作戦会議を開きましょう。


職場環境によっては慎重に話を進めないと仕事に影響する可能性があります。

周りには迷惑をかけないように前もってしっかり対策を考えておきましょうね♡

情報提供元:myreco
記事名:「社内恋愛が始まったら♡彼ときちんと話し合っておきたい4つのこと