最近はタブレットや携帯に予定を書き込むので手帳は持ち歩かない主義の方も増えていますが、一年たって見返してみると、手書きで書かれた予定と共に頑張った自分を思い出せる手帳はなかなかいいものです。さらに手帳を上手に使える女性ってなんだかカッコいいですよね!サッと取り出して予定を確認。スマートで出来る女って感じがしませんか?今回は手帳を上手に使うためのポイントをまとめて見ました。

 手帳を最大限活用して、目指せ「出来る女」♡


Mariko @mari511

新年度になるとステーショナリーショップやバラエティショップにカラフルで使い勝手が良さそうな手帳がたくさん並びます。

マンスリーやデイリー、ウィークリーで予定が書けるものや、とことんデザインにこだわった可愛いものまで様々です。

 

手帳は頭の中につまったアイディアを整理したり、今やるべきこと、今後やるべきことを思い返させてくれる大変便利なものです。

「手帳を上手に活用できる人は、仕事の効率を上げ、生産性をアップさせることができる」と言われています。

また手帳によって時間を有効に使える人は、人生を有意義なものにできる人です。

つまり手帳を制する人は仕事や人生を制することが出来るということ。

 

でも毎年手帳を購入するものの、使い切ったことがなかったり、なんだか結局予定だけカレンダーに書き加えるだけで手帳の他のページは真っ白のまま…。なんて人、案外少なくないんですよ。

あなたもその一人かもしれません。

今年こそ手帳をキレイに、そして有効に使って「出来る女」を目指してみませんか?

 

 綺麗な手帳で新生活スタート♡購入編


chihana/stock.adobe.com

まずは手帳選びから始めましょう。

買う際に外見だけにこだわりすぎるのはよくありません。

選ぶときにまず考えるべきなのは「仕事用」「プライベート用」どの用途で手帳を使うかということ。

 

仕事用でしたら、一日のスケジュールが時間別に細かく分けて書ける、タイムテーブル式になっているものを選ぶのもいいでしょう。

会議、打ち合わせ、会食、外回りなど毎日のスケジュールに漏れがあってはいけない大事な約束が一日に詰まっている場合、一日分の予定が十分に書き込めるタイプがおすすめです。

 

もしあなたがデートで行った映画のチケットの半券、可愛いお菓子の包み紙、友人と撮った写真、旅行で摘んだ押し花などと一緒にプライベートの思い出を残しておきたいタイプでしたら、レフト式の手帳がおすすめ。

 

見開きの左に予定を書き込めるよう一週間分のカレンダーになっており、左は自由にアイディアやメモが書き込める自由帳タイプになっていることが多いです。

 

左のページにマスキングテープなどで可愛く張り付ければ楽しい思い出も一緒に記録できますね。

 

 綺麗な手帳で新生活スタート♡書き方編


Rawpixel.com/Shutterstock.com

●ペンを色分けして書こう

綺麗に手帳を書きたい場合、自分なりのルールを決め、それを1年貫くことです。

例えばペンの色分けルールを作ってみましょう。上から優先順位が高い順に書いてみました。

 

赤…仕事関連(会議、プレゼン、締切、打ち合わせ)

青…体調・日常生活で忘れてはいけないこと(生理周期、歯医者の予約)

緑…習い事、デート

黄色…プライベートの娯楽

 

など色別に記録しておくと、優先順位が一目瞭然です。

 

もしメモ書きができるような自由に使えるページがついているスケジュール帳であれば、プレゼンで使えるアイディアや思いついたこと、ちょっとしたメモ書きなどをいつでも消せるシャープペンシルで記すのもいいかも知れません。

 

 

●毎日のマストドゥーリスト付箋を貼ろう

 

毎日必ずやらないといけないこと、忘れてはいけないことってありますよね。

重要書類をまとめることからトイレットペーパーを買うといった些細だけれど忘れたくないことまで。

そのようなやるべきことリスト(マストドゥーリスト)は毎日内容が変わるのでスケジュール表には書きたくないかもしれません。

 

またすべきことをやったあとはそれをいつまでも記し続ける必要もありません。

そこでお勧めの方法が大きめの付箋に「今日のやるべきことリスト」をつくり、ページの上に貼っておく方法。

今日やるべきことを一つずつつぶしていって、その付箋を捨てるときには、爽快感と達成感を感じることが出来ます!

 

 

●変わる可能性のある予定は消せるペン効率or 付箋で代用

 

一度スケジュール表に書いてしまい、のちにスケジュールが変更になった場合、修正テープで消すのもいいですが、コロコロスケジュールが変わる度にテープを使うと不恰好になってしまいます。

 

そんな時は間違っても怖くない、消せるペンを使ったり、予定が固定になるまで小さ目の付箋に予定を書いて日付の欄に貼っておくのもいいでしょう。

 

 綺麗な手帳で新生活スタート♡アレンジ編


mari @mari_ru03

あなた好みに可愛く、そしてキレイにアレンジしていきましょう。

記帳を楽しくするグッズは年々バラエティに富み、LOFTや東急ハンズなどに行くと、手帳に使うアイディア商品に脱帽!

目移りしてしまいます。

 

マーカー替わりに引ける細いデコレーションテープ(マスキングテープ)や、消せるスケジュール用スタンプ、付箋だって様々な形のものが売られています!

映画の半券、プリクラなどを収納できるページに張り付けるタイプのプチ封筒なんかもあり見ているだけでも楽しい。

 

デート用や書くのが恥ずかしい生理周期なんかを記すための可愛いシールも購入しておけば、手帳を使うのがもっとウキウキしそう!

開いて見返した際、見やすく且つテンションがあがるようにデコレーションしましょう♪

 

 

新生活が始まる4月。今年こそ綺麗で見やすい手帳デビューしませんか?

ついで今年の目標なんかも記しておけば、一年後、手帳を見返す時にはワンランクアップしたあなたに変身している事でしょう♡



関連記事

・「花のある暮らし」を楽しみたい♪ 可愛いお花を飾るポイント3つ

・お花見の季節はすぐそこ♡ピクニックに便利なアイテムをチェック!

・新生活に向けて!キレイな部屋を保つコツ6つ

情報提供元:myreco
記事名:「新年度に向けて手帳を新調してみる?キレイに書くコツが知りたい!