コストコの魚介コーナーには定番食材がいろいろありますが、そのなかでもトップクラスの人気を誇るアイテムが『いくらの醤油漬け』です。北海道産の鮭の卵を漬け込んだもので、そのおいしさは折り紙付き! ただし、1パックあたり400g前後入って、販売価格は3,000円超。決して買いやすいお値段とは言えません。

それでも、いくら丼で「いくら盛り放題」ができるというのは、抗えない魅力があります。また、ちょっとしたお祝いごとやパーティの際、ちらし寿司にたっぷり散りばめたりすると、みんなに喜ばれることでしょう。ちょっと贅沢したいときに『いくらの醤油漬け』を選べば、得られる満足感はかなり高いですよ!

コストコ|いくら醤油漬け|870円/100g

おすすめ度 ★★★★☆

こちらがコストコの魚介コーナーで販売されている『いくら醤油漬け』です。100gあたり870円(税込)。400gほどで販売していることが多く、今回購入したものは376g入って3,271円(税込)でした。

サイズは? 内容量は?

パッケージのサイズは、あくまでこのくらい。女子スタッフの手のひらに乗る程度で、器の深さもそれほどではありません。

今回購入したものの正味量は376gでした。消費期限は加工日から3日となっています。

原材料は?

原材料は以下の通り。北海道産の秋鮭から採れた卵を加工しています。

【原材料名】秋鮭卵(北海道産)、醤油、粉末水飴、発酵調味料、還元水飴、鰹節エキス、麦芽糖、砂糖、調味料(アミノ酸等)、(原材料の一部に小麦、大豆を含む)

プチッとした歯ごたえと濃厚なうまみ!

フタをあけたところ。オレンジの粒が一面を埋め尽くしており、壮観! この輝き、まるで宝石箱のよう……!

スプーンで山盛りすくってみました。光が透過すると、色が一段ときれいに見えますな。鰹だしと醤油のかおりが漂ってきて、食欲をそそりまくりです。

小細工は無用です。ここはシンプルに、炊きたてご飯の上にドンと盛りつけていただきます。薬味は最小限でOK。今回はしそを敷いて、わさびを添えただけです。ちなみに、いくらの量はこれで30gほど。あと11回分残っているというか、1回分を惜しみなく大盛りにしてもOK!

食べてみると、噛むたびにプチプチと粒が弾け、濃厚なエキスがどろりと口の中を満たしてくれます。いくらはやや濃い目の味付けですが、これが白いご飯との相性抜群! わさびを添えたのは正解で、そのさわやかな辛味がアクセントとして素晴らしく、ねっとりした口腔内がいい具合にリセットされます。

いくら丼のほかにも、ちらし寿司はもちろんのこと、サラダにトッピングしたり、パスタに和えたりといった食べ方もアリでしょう。じゃがバターに添えるのもおいしいですよね!

*    *    *

ちなみに『いくらの醤油漬け』は冷凍保存が可能です。残ったら1回分づつ小分けにして冷蔵庫に入れておくといいでしょう。解凍する際は、冷蔵庫に入れて1~2時間待つと、失敗がなくて安心ですよ。

情報提供元:ミトク
記事名:「小細工は無用! コストコ『いくら醤油漬け』はそのまま白米にのせて食べるべき極上おかず