リスクは避けたいがカモになるのはもっと避けるべき

リスクを避けるためには、リスクをヘッジする必要があります。これには多くの場合、コストがかかります。

このコストも避けたいがために、複雑な金融商品に手を出してしまう話が後を絶ちません


普通の人はリスクが嫌い



普通の人であれば、だれでもリスクを嫌います。
・ 1年後に確実に5万円受け取れるA商品

・ 1年後上手くいけば10万円手に入るけど下手をすれば全くお金が手に入らないB商品
平均(期待値)を計算するとどちらも同じですが、ほとんどの人はA商品を選ぶでしょう。

さらに、

・ 1年後上手くいけば20万円手に入り、下手をすると10万円支払わなくてはならないC商品

が、あったとします。普通の人は、B商品より、C商品をさらに嫌います

普通の人は、将来の受取り金額(ペイオフ)が確定していないものより、ペイオフが確定しているものを好みます。そして、ペイオフがマイナスになることはどうしても避けたいと考えます。


リスクを減らす

そこで、私たちはリスクを減らそうと考えます。

一番良いのはリスクのあるものに手を出さないこと、そして、消すことのできないリスクはヘッジすることです。

「リスクをヘッジする」とは


リスクをなくしてしまうことです。

外貨建ての商品を購入すると、為替のリスクがあります。為替リスクをヘッジしようとすると、将来の為替レートを予約することで可能になります。

世帯主に万が一のことがあったら、残された家族は生活できなくなってしまうかもしれません。

だから、生命保険に加入していざというときに保険金が入ってくるようにするのです。これもヘッジです。


ヘッジにはコストがかかる

リスクをヘッジすることは大切なのですが、もっと大切なことは、ヘッジにはお金がかかるということを知っておくことです。

為替予約には多くの場合、コストがかかります。保険に加入すると保険料を支払わなければなりません。

保険料は、英語でpremium(プレミアム)といいます。普通の生活では必要ないのに、保険に加入したから割増しで支払うお金が保険料なのです。

ヘッジを掛け過ぎると、保険料が雪だるま式に積み重なって身動きが取れなくなります




おいしすぎる話に注意 カモになっているかも

「ヘッジはしたいがコストがかかる」。そう考えているところに、ある人が話を持ってきます。
「この商品は、リスクはほとんどないんだけど、毎年10%の配当があるので魅力だよ。」
あなたは、なぜ10%もの配当があるのかわかるでしょうか?

欧米には、
「ポーカーをはじめて20分経っても誰がカモになっているのかわからなければ、それは自分がカモになっている」
という例え話があるそうです。


リスクを避けるにも、リターンを得るにも、コストやリスクがセットです。美味しいところだけの話には注意が必要です。(執筆者:杉山 明)

情報提供元:マネーの達人
記事名:「「リスクは避けたい」でも避けるためにはコストがかかることを知っておくことが大切。