新型スバル・フォレスターに搭載され、初期受注において4割を占めているという「e-BOXER」。なお、フォレスターの「e-BOXER」は「Advance」という1グレードのみですので、その人気の高さがうかがえます。

なお「e-BOXER」というマイルドハイブリッドシステムのネーミングは、日本国内向けのみだそうで、中国では「INTELLIGENT-BOXER」という呼称が与えられています。

さて、2018年9月11日、SUBARU XVにもマイルドハイブリッドシステムの「e-BOXER」搭載モデルを追加すると発表されました。特設webサイトも開設され、「SUBARU XV Advance」に関する情報が掲載され、販売店で先行予約も開始されます。気になる発売予定は2018年10月とのこと。

システム自体は、フォレスターの「e-BOXER」と同じではあるものの、重量や重心高の違いなどにより、走りの味わいも異なりそう。

なお、エンジンは2.0Lの直噴NA水平対向エンジン+モーターの組み合わせ。モーター自体は2代目のXV(XV HYBRID)と同じでありながらも、リチウムイオン電池の採用などにより、そのポテンシャルをより引き出すことが可能になっていて、こちらもフォレスターと同様です。なお、モーターの定格出力は同じ。

また、内・外装には「Advance」専用の装備として、先進性や特別感のあるブルー内装や、瑞々しく透明感のあるブルーが表現されたというボディカラー「ラグーンブルー・パール」が新たに設定されます。

(塚田勝弘)

その他クルマに関する記事なら、姉妹サイト「クリッカー」をチェック!! https://clicccar.com/

 

情報提供元:GO OUT
記事名:「スバル XVにハイブリッドモデルが追加。フォレスターに続く「e-BOXER」搭載車。