ログハウスで有名なBESS(ベス)の展示場こと「LOGWAY(ログウェイ)」。

いきなり結論から言うと、超楽しいので、一度行ってみたほうがいいです。

BESSの家を体験できる基地として全国に44ヶ所もあるそうで(LOGWAYへ随時変更中)、そのなかで今回は神奈川県藤沢市にあるLOGWAY BESS藤沢を探訪してきました。

LOGWAYには、BESSが提案する様々なタイプのログハウスがあって、それぞれのインテリアも特徴的。多趣味なおしゃれさんが実際に住んでいるかのようにコーディネートされているので、そのまま丸ごと買ってしまいたくなるほど!

と、レポート前からテンションは上がる一方ですが、ここではそんなLOGWAYの魅力をお伝えしていきます!

 

自由気ままに、自然体で過ごせる1日。

LOGWAYに展示されているログハウスは、ただ室内を見学するだけでなく、実際に住んでいるような体験ができるというのが魅力のひとつ。「ご入場の前に」と書かれた看板を一読すると、家が展示されているというより、未来のライフスタイルを想像する場所、そんな気がしてきます。

まずは管理棟に寄り、アンケートを記入。受付にアンケートを提出すると、「ご自由にご見学ください」とのこと。

事前の見学予約も必要なく、係りの人にぴったりマークされることもなく、自由気ままに歩き回れちゃいます。

 

未来の暮らしが想像しやすい、個性豊かなモデルハウスたち。

藤沢のLOGWAYには、個性的な5棟のログハウスの展示がありました(うち1棟は建設中、9月下旬オープン予定)。

最初に見学したのは、入口すぐ横にあった「カントリーログ」。
無垢材を積み上げた、ラフで骨太な新感覚ログハウス。肩ひじを張らない、のびのびとした毎日が想像できる家です。

ちなみにそれぞれのログハウス前には、広さや価格などが載った紹介用パネルが立っています。実はここがもっとも気になるところかも(笑)。

土間と薪ストーブの組み合わせが特徴的な1Fフロア。広々とした土間をリビングにしちゃうという発想がおもしろいです。


三角屋根の天井には大きな天窓があるので、2Fのロフト部分はとても明るい。夜には星空を眺めることもできそう。

 

次に見学したのは、倭様「程々の家」。
日本人として、伝えていくべき暮らしのカタチにこだわりながらも、おおらかな遊び心を感じる“いい加減”。その加減を極めた家とのこと。

独特の和みが感じられる、和風建築ならではのモダンな広縁。作家になった気分で読書を楽しみたくなる空間です。

玄関でもあり、リビングでもある土間と、力強い梁が印象的。現代の日本人だからこそ落ち着ける空間に仕上がっています。

次ページに続きます。

思わず心躍る自由発想な空間づくり。

続いては敷地の奥にある「WONDER DEVICE」へ。

個性を主張する外観と、木の表情がやわらかな室内。この四角い箱は遊びごころに満ちています。吹き抜けのあるリビングは、想像以上の大空間! なんだかワクワクしてきます。

木のぬくもりがどこまでも広がっていく、天然無垢材の香りが清々しいリビング。

2階のロフトも開放感たっぷり。ワークスペースや趣味のコーナーなど、どう使うか妄想が膨らみます。

 

そのお隣は、まるで移動民族のテントを彷彿とさせる「BESS DOME」が。外観のインパクトもすごいけど、中に入ってみるとそれ以上の衝撃! アメリカの建築家バックミンスター・フラーが考案した、ジオデシック・ドーム構造の先鋭的なお家です。

放射状に伸びた梁と外壁フレームで2階を支える構造のため、かなり自由度の高い間取りとレイアウトができます。

さらにドーム本体から外に向かって、部屋を増築することもできるそう。普通の家では実現できない、空間の演出が可能です。

 

LOGWAYコーチャーによるイベントが随時開催!

一通り回るとこの日は「LOGWAYコーチャー」によるイベントが開催されていました。

LOGWAYコーチャーとは、実際にBESSの家に住むオーナーがコーチャーとなって、来場者に暮らしの楽しさを伝授するというという取り組み。実際にBESSの家でのライフスタイルを楽しんでいる彼らが、いいことも悪いことも含めて、BESSの家でどのように暮らしているかを伝えていきます。

この日のイベントではコーヒー焙煎をやるようです。赤いエプロンを着用しているのは、全員LOGWAYコーチャー! その中で本日の先生はMINEOさん。なんとBESS の家にはもう15年ほど住んでいるそう。

「コーチャーとしてみなさんの前でイベントをやるのは今日が初めて。ちょっと緊張してます(笑)。リアルな意見をもっと届けたいなと思ってコーチャーになったので、住まいづくりの素朴な疑問など、なんでも聞いてほしいです」

というわけで、早速MINEO先生が、専用の焙煎網を持っていなくてもお家でできるコーヒー焙煎の仕方を披露!

鍋を使った焙煎と、焙煎網を使った焙煎の違いを体験できました。

その後はみんなでコーヒーの飲み比べ。

来場者もコーチャーもお互いが楽しそうな笑顔!

気軽に楽しめるイベントがあって、コーチャーと一緒に様々な暮らし方体験もできる「LOGWAY」。

特にアウトドア好きな方にオススメですが、家を建てるつもりがあってもなくても、楽しい時間を過ごせる場所だなと思います。休日の過ごし方に迷ったら、一度訪れてみてはいかがでしょうか?


(問)BESSスクエア tel:03-3462-7000 www.bess.jp
FB:BESSの家 Instagram:@bess_slowlife

情報提供元:GO OUT
記事名:「まさに「木の家」のテーマパーク。LOGWAYで未来体験してきました。【BESSの家探訪】