いよいよ本格的に幕を開けたフェスシーズン。

キャンプフェスから都市型フェスまで、夏フェスフリークたちの参戦スタイルは、シチュエーションに合わせて様々ですが、それでもみんなに共通するのは、現場でオシャレを楽しみつつ、快適に過ごすための工夫と遊び心を盛り込んでいること。

ここではそんな達人たちの夏フェス参戦スタイルを拝見!

以前に紹介した、夏フェス参戦スタイルは以下をチェック。
【おしゃれで快適な、達人たちの夏フェス参戦スタイル&アイテム #1 】
【おしゃれで快適な、達人たちの夏フェス参戦スタイル&アイテム #2】

 

SUMMER FES. HEADS’ STYLE 04

遠藤大陸
FREAK’S STORE バイヤー

フリークス ストアのライフスタイル全般のバイヤーとして活躍中。年に数回は渡米し、現地の古着屋を巡っている。「フェスも古着を使ったスタイルが基本です」。

  • ショーツ ¥14904/グラミチ×フリークス ストア ブランケット ¥9504/ペンドルトン ウエストバッグ ¥4104/メイ×フリークス ストア スマホケース ¥4320/ルート CO.(以上すべてフ リークス ストア渋谷)Tシャツ、L/S Tシャツ/ともに古着 キャップ/ブロンズ シューズ/ナイキ

【SUMMER FES DATA】

・フェス歴/20年
・今年の参戦予定/GREENROOM FESTIVAL、 ap bank fes
・お目当てアーティスト/サブライム・ウィズ・ ローム、ミスターチルドレン
・How to enjoy/「ベース基地をしっかりと作って、ノンビリと楽しむ」。

 

新旧アイテムで、アメリカ西海岸の匂いを意識。

アメリカ西海岸のカルチャーが大好きな遠藤さんは、フェスのスタイルとアイテムもどこか西海岸の匂いを感じさせるものばかり。

「キャンプも好きだから、フェスに持参するアイテムもアウトドアのギアが多いですね。そこにヴィンテージの古着やフリークス ストアの新作アイテムをミックスする感じです」。

アメリカ出張が多いため、現地で購入してきたギアも用意。「USメイドのアイテムが好きなんですよ。最近の1番のヒットは、コールマンのガスコンロ。フェスでは少しオーバースペックかもしれないけど、見た目的にマストです(笑)」。

 

遠藤さんのフェス参戦アイテム。

GRAMICCI × FREAK’S STOREの S/Sシャツ。

撥水仕様のボディにシームテープ処理も施された機能的なシャツ。 「今回穿いてているパンツとセットアップの着こなしも楽しめるし、かなり快適です」。¥17064(フリークス ストア渋谷)

 

Mountain Researchの扇子。

お馴染みのロゴがプリントされたスタイリッシュな扇子。「基本的に暑がりなのでフェスに限らず夏は扇子が欠かせません。キャンプのときは焚き火の火を付けるときにも使っています」。

 

Coleman × FREAK’S STOREのピクニックシート。

今年もコールマンとのコラボが実現。「今回のテーマは90年代。これは当時リリースされていたテーブルの柄をベースにしたグラフィックです」。 ¥4298(フリークス ストア渋谷)

 

NITE LIZEのLEDランタン。

コンパクトで軽いけど、かなり光量があるランタン。「3年ほど前にアメリカで購入しました。テントの中でも使えるサイズで、キャンプではセカンドランタンとして活躍しています」。

 

Colemanのカセットコンロ。

日本では未上陸のカセットコンロをスケートブランドのステッカーでカスタム。「専用ケースが付いていて、ポータブルで持ち運びできるのが便利。これは日本でも販売してほしいですね」。

 

次ページへ続きます。

SUMMER FES. HEADS’ STYLE 05

福本宏二
Ron Herman プレス

サーフィンとキャンプと釣りが趣味のロンハーマンのプレス。「フェスも基本的に普段着で遊びます。それは釣りやキャンプ、サーフィンでも変わりません」。

  • カーゴパンツ ¥32400/RRL(ロンハーマン)  Tシャツ/プレ×ロンハーマン キャップ/ポロ ラルフローレン シューズ/クラークス サングラス/モスコット バッグ/ブラウン バイ ツー タックス×ポーター

【SUMMER FES DATA】
・フェス歴/10年
・今年の参戦予定/FUJI ROCK FESTIVAL、朝霧 JAM
・お目当てアーティスト/ケンドリック・ラマー、 ボブ・ディラン
・How to enjoy/「友人とお酒とご飯を楽しむ」。

 

サーフトリップの延長で楽しむ、リラックスコーデ。

ロンハーマンの福本さんのフェスコーデは、日常のアメカジスタイルをベースにしたリラックスできる着こなし。

「フェスもキャンプも普段着が多いけど、毎回必ず持っていくのはサーフショーツとブランケット。だからバッグの中身はサーフトリップに近いかもしれないです」。

夏は毎年サーフトリップを楽しんでいるため、フェスもその延長で考えているとか。

「遊ぶ場所が海から山に変わるだけで、基本的にサーフィンもキャンプもフェスも同じノリで楽しみたい。だから都市型フェスより自然の中で楽しめる郊外のフェスの方が好きですね」。

 

福本さんのフェス参戦アイテム。

 

POLO RALPH LAURENのTシャツ。

ロンハーマンが別注したTシャツで、カラバリは 全20色を用意。「胸元の白い刺しゅうがポイント。今年は色違いで持参して、少しオーバーサイズを着用したい」。各¥7560(ロンハーマン)

 

BROWN by 2-tacs × PORTERの2WAYリュックサック。

通勤から出張、さらにキャンプやフェスまでマルチに活躍しているバッグ。「見た目以上に収納力があるし、なによりも凄く丈夫。3年くらい愛用していて、やっと風合いが出てきました」。

 

Ron Hermanのウッドプレート。

サイズ違いで用意されたウッドプレート。「フェスは料理も楽しみ。これは盛り付ける料理を選ばないデザインだから重宝します」。Sサイズ ¥1620、M サイズ ¥2052、Lサイズ ¥2484(ロンハーマン)

 

MiiR × RHCのマグカップ。

ジョン・ミュアーの名前をイメージしたブランド、ミアーの保冷マグカップ。「RHCの別注モデルです。同じデザインのボトルも展開しているからセットで使いたい」。 ¥4860(RHC ロンハーマン)

 

PERFECT POTIONのボディスプレー。

天然素材で作られたスプレーで虫除け効果も期待できる。「柑橘系の香りが好きで、毎年夏になると購入するアイテム。山や海などの外遊びで活躍しています」。¥ 1512(ロンハーマン)

 

GO OUT vol.105では、他にも夏のキャンプ&フェスファッションが満載!

絶賛発売中のGO OUT vol.105では、キャンプ&夏フェスをとことん楽しむためのウエアやギア、スタイルサンプルが盛りだくさん! 他にもこの時期マストなサンダルやレインウエアカタログも収録しています。

続きが気になった人は、下記のリンクのほか、全国の書店やコンビニ、電子書籍でお求めください!

OUTDOOR STYLE GO OUT vol.105 定価¥680

販売サイト

Photo/Sosuke Shimizu
Report & Text/Masatsugu Kuwabara
Text/Tamaki Itakura、GO OUT編集部

情報提供元:GO OUT
記事名:「おしゃれで快適な、達人たちの夏フェス参戦スタイル&アイテム #3