客室やレストランなどの大規模リニューアルを経て、2017年12月のオープン以来、徐々に知名度を上げている「ロッテアライリゾート」。

ゲレンデ直結のリゾートをメインに、これでもかというほどアクティビティが充実。冬は日本でも有数の積雪量と極上のパウダーを誇るゲレンデでスキー、スノーボード。夏は国内最大級のジップラインやボルダリング、温泉やサウナ、ウォータースポーツ施設など、アクティブ派のためのリゾート地として人々を魅了しています。

そんなアウトドア好きにうれしい「ロッテアライリゾート」の真の魅力を探るべく、取材を敢行しました。

東京から北陸新幹線で一本。そこには極上のアウトドアリゾートが待っていた!

「ロッテアライリゾート」がオープンした新潟県はスキーの観光地としてよく知られています。
アクセスは東京から新幹線で2時間、送迎バスで30分。リゾートは新幹線の上越妙高駅から8キロの場所にあり、足の便をよくするためシャトルバスが運行しています。

ロッテアライリゾートが本拠にする大毛無山は、本州では有名なパウダースノーエリア。天気が良ければ日本海を望めることもあるという大毛無山。そんな環境は滅多にありません!

マウンテンエリアには157万平方メートルのゲレンデがあり、全長5.2キロ、高低差951メートル、11コース、オフピステ10エリアを展開し、ビギナーや中級者、上級者向けに振り分けられています。

たとえ道具がなくても、スキー、スノーボード、ブーツ、ヘルメット、ウエアなどは、すべて「サロモンステーション」でレンタルが可能。だからといってレンタルウエアなんて着たくない!と思った方も安心してください。ちゃんと1〜2シーズン以内の最新ギアが用意されています。

そんなギアをまとうだけで、間違いなくテンションは急上昇!

12月のシーズンインに始まり、翌年5月まで春スキーに対応している、プレイヤーにはたまらない環境です。2018年は5月27日まで楽しめるとのこと。冬出遅れてしまった人もまだ間に合います!

 

ジップツアーにボルダリング! これからのグリーンシーズンも充実。

さて、スノーシーズンは間もなく終了ですが、これから訪れる方もご安心を。

グリーンシーズン用のアクティビティが充実しています。滑車でワイヤーを滑り降りる国内最長の1501mのジップツアーやボルダリング、タイヤで斜面を滑走するチュービングなどが設置され、通年遊べる複合リゾートになっているのです。特にジップラインは国内最大規模だとか!

ジップツアーは、敷地内を張り巡らされたワイヤーロープをハーネス付きのトロリー(滑車)で駆け巡るアドベンチャーアクティビティのこと。ジップラインは、近年、日本でも急速に広まってきており、日常では味わうことのできない疾走感や程よいスリルを体験する注目のアクティビティです。

たった1本のワイヤーで、1501mを駆け下りる感覚はなんとも表現しがたいもの。その気分はまさにターザン! 否、それ以上! 風と、ひとつになる爽快感が味わえることでしょう。不安な方も頼れるインストラクターが事前講習してくれるので、安心して冒険をお楽しみ下さい。

 

悪天候時にはボルダリングもうってつけ!

ちょっと外遊びに疲れたなと思ったら、室内でボルダリングを楽しむのも選択肢のひとつ。

1フロアに本格的な『ボルダリング』『スクウェアトランポリン』『ファンウォール』、そして国内初の『ワンダーウォール』がずらり揃ったボルダリング施設が、ゴンドラステーションに併設。ボルダリング施設における50以上のルート、ホールド数は日本最多規模とのこと。

さらに、プロジェクションマッピングとクライミングの融合したワンダーウォールの常設は、日本初とのこと。ここでしか楽しむことができません。
センサーを組み合わせ様々な映像を表示することで、ゲーム性を強くし、友達同士で対戦も可能。既存のクライミングにはない新しい楽しみ方を体験できちゃうエンタメ性により、エキサイトすること必至です!

子どもが思わず登りたくなっちゃうファンウォールは、ウォール自身がストーリーを持ち、登りながら各テーマを楽しむことができちゃいます。全8ルートの中には、国内初デザインのものが多数。ハーネスを着用して専用のビレイシステムを使用するので小さいお子さんでも安全に楽しめます。

遊び倒すならトランポリンもお忘れなく! 童心に戻って、親子で飛び跳ねれば日頃のコミュニケーション不足だって解消できるかもしれませんよ♪

 

遊び疲れたら……。アフターアクティビティも大満喫。

より充実したオフタイムを過ごすためには館内の施設にだって期待したい! もちろんその期待は裏切りません。まずは中央にある暖炉が印象的なラウンジでひと休み。

またはライブラリーカフェでお気に入りの本とともにゆったりと落ち着いた時間を過ごすのもオススメです。厳選した豆から抽出されるコーヒーは、まさに至福のひととき!

レストランはオールデイ・ダイニング、イタリアン、和食、地そばなどが揃い、バラエティに富んだ個性あふれる料理の数々をゆったりと味わえます。旬の地の食材を活かしたその土地ならではの料理を味わうことも可能。まさに旅の楽しみに欠かせない醍醐味です。

アクティビティで疲れた体を引きずってでも訪れて欲しいのは、温浴施設「雪空温泉&プール」。天気の良い日は満天の星空を楽しむことができる露天風呂で、これマジ最高です!

温泉は標高1750mから湧くもので、泉質は単純温泉。弱アルカリ性で美容に良い成分を含み、極上のリラクゼーションとはまさにこのこと。 ちなみに源泉名は「小毛無温泉」と言うらしいです。

まだまだ体を動かしたりないという人は、通年利用できる屋内プールでリラックスするのはいかがでしょうか。積極的に体を動かしながらクーリングダウン。溜まった疲労を取り除いて、次の日のアクティビティに備えましょう。夏には開放的なガーデンプールを楽しむこともできるとか!?

まとめ。

スキーやスノボをする人は文句なし、雪山を滑らない人でも、1泊や2泊程度では足りないくらいリゾート内は充実しています。たとえスノーシーズンが終わっても上越妙高の大自然は夏シーズンだって冬に負けないくらい見応えあり。これからの時期に足を運ぶ価値は十二分にありますよ。

豊富なアクティビティとそれを叶える充実の施設。

そして海外のような極上のリゾート体験をオールシーズン楽しむことができるのが「ロッテアライリゾート」です。アクティブ派もリラックス派もどちらも間違いなく楽しめます。全てが揃う「ロッテアライリゾート」で、極上のバカンスを過ごしてはいかがでしょう?


■ロッテアライリゾート
場所:新潟県妙高市両善寺1966
tel:0255-75-1100
http://lottearairesort.com

情報提供元:GO OUT
記事名:「春スキーからジップラインまで。四季を問わず楽しめる究極アウトドアリゾート。