キャンプシーンや野外フェスで役立つキャリーワゴン。道具を運ぶだけでなく、テーブルとしても使えるように天板を自作した人も多いのでは? でも、もうD.I.Y.は必要ない。そんな画期的なキャリーワゴン用テーブルを発見!

MAULBEERE「キャリー用 折畳テーブル」¥7480

キャリーワゴンをテーブル化する天板というと、これまでほとんど公式アイテムがなく、木製のスノコなどを使ってD.I.Y.するのが主流となっていた。ただ安定感がイマイチだったり、折りたためないので収納に場所をとったりしてしまうのが欠点だった。

そんな中、登場したのが、カーパーツブランド「D.A.D」を運営するギャルソンが立ち上げた新アウトドアブランド「MAULBEERE(マウルビーレ)」の「キャリー用 折畳テーブル」。これが実に秀逸なアイテム。

まず、アルミフレームを固定するホルダーをキャリーワゴンの四隅に取り付け(四隅が三角コーナー状になってるタイプのワゴンに対応)。そこにアルミフレームを固定して、その上に天板をはめ込めば完成。天板裏面の固定器具はスライド式になっているので、幅53cm、長さ93cmまでのキャリーワゴンに取り付け可能となっている。

また、天板はアルミのロール式天板なので収納はコンパクトになるうえ、2枚に分かれているので、半分はテーブルで半分は収納という使い方も可能。

天板がしっかり固定されるのでスタンドとしてウォータージャグなど重いものを載せても安心だ。

天板のカラバリも豊富。アルミ、ブラック、アースグレー、オリーブ、サンドベージュ、アイボリーの6色が揃うので、キャリーワゴンやサイトに合わせた色を選ぶことができる。

重さは1.6kgと軽量。コンパクトに収納できて、必要な時にだけ使うことができるので、キャンプシーンはもちろん、駐車場からキャンプサイトが遠くてできるだけ荷物を少なくしたいフェスなどでは特に重宝しそうだ。


(問)ギャルソン https://www.garson.co.jp/

 

情報提供元:GO OUT
記事名:「もうD.I.Y.しなくてOK! キャリーワゴン用折り畳みテーブルがついに出た!