街はもちろん、アウトドアのフィールドもすっかり冬顔に。この季節のキャンプの醍醐味といえば焚き火ですよね。暖をとったり、調理をしたりと、用途は様々。

ここではそんな焚き火の時間をもっと楽しくしてくれる、5つの火遊びアイテムをピックアップしてご紹介。

01.【Hang Out】テントサイトを彩る美しいフォルム!

Flame Pit

フレームと受け皿にステンレスを用いた美しいフォルムの焚き火台。付属する焼網を使えばグリルにもなり、専用の収納ケースに収納するとコンパクトに持ち運べます。

 

02.【Bush Craft Inc.】サバイバリストが生み出した着火剤。

ファイヤーキャンディ (Fire Candy)20粒入り

ブッシュクラフトを愛するサバイバリストが、一切の妥協なく作り出した着火剤。シトロネラの香りがするオレンジ、ピーチの匂いを漂わせるピンク、グレープフルーツのフレーバーを意識したイエロー、ライムを思わせるグリーンの4色がセットに。

 

03.【GRIP SWANY】独自の難燃ファブリックを使用。

FIREPROOF PONCHO

グリップスワニーが開発したオリジナル素材、FIRESHIELDを用いた焚き火用ポンチョ。フロントに配置された大容量ポケットに、あらゆるアウトドアギアが収納できるので便利。

 

04.【NATAL DESIGN】炭の持ち運びが楽々に。

charcoal container / チャコールコンテナ

ネイタルデザインがジャパンメイドにこだわるT.S.L CUBに別注。多量の炭が収納できるほか、ハンドル付きで持ち運びが楽々。1000Dのナイロンは多少の雨を弾いてくれ、上部は巾着タイプなので気軽に開け閉めできます。グローブやトングが入るポケットも用意。

 

05.【MUURIKKA】焚き火で絶品の燻製料理が作れるスモーカー。

ムーリッカ 焚き火スモーカー 直径42cm

北欧はフィンランドのブランドによるスモーカー。ガスや炭はもちろん、焚き火でも使えるようにデザインされています。底にチップを敷き詰めたら中敷を置き、食材を網に置いてスモークすれば完了。煙が中敷周囲の隙間から上がり、パン内部に充満してくれます。

 

本格的な焚き火台をはじめ、ユニークな着火剤、火に強いポンチョ、炭をオシャレに収納できるコンテナ、そして焚き火で作れるスモーカーなど実に多彩。火を起こすだけでキャンプをより豊かにしてくれるプロダクトをGO OUT Onlineで見つけてください。

Photo/Sosuke Shimizu

情報提供元:GO OUT
記事名:「焚き火を2倍楽しむための、火遊びアイテム5選。