徐々に涼しくなり、キャンプシーンはでは焚き火が楽しい時期になってきました。ただ揺らめく炎を眺めたり、直火料理を堪能したりと楽しみ方はそれぞれですが、いずれにせよ焚き火を存分に楽しむにはこの焚き火台選びが肝心!

各アウトドアブランドから色んな焚き火台が登場していますが、どれにするかが悩みどころ。そこで、先日行われたGO OUT CAMPで6つのおしゃれキャンプサイトを突撃! 愛用の焚き火台とその使い心地を聞いてきました。

【Onway/ファイアグリルKANAE】グリルも網も一つになったオールインワン。

小型のバーベキューグリルのようなフォルムがかわいいこちらは、Onway(オンウェー)の「ファイアグリルKANAE」。

中国春秋時代の食器(鼎:かなえ)をイメージして作られたデザインが秀逸! 2018年にグッドデザイン賞を獲得した名品なんです。

「五徳に安定感があって料理に最適です」

Owner:下田 翔さん、玲奈さん

焚き火台としては珍しくフタが付いていて、脚や五徳、網が全て本体に収まるコンパクト収納な構造が魅力。

「実は使用するのは今回が初めてなんですが、やっぱり見た目がいいですね。それに、使用後はフタを被せてしまえば火も消えますし、灰が飛ばないのも便利です」とオーナー下田さん。

「以前はモノラルのワイヤフレームを使っていたので、収納時にちょっと大きく感じてしまうんですが、五徳の安定感があるので料理するにはもってこいです!  また、火床が広くて薪をくべやすいのもいい感じです」。

【焚き火台 DATA】
アイテム:ファイアグリルKANAE
販売価格:¥17600
組み立てサイズ:W420×D420×H430mm(網までH33cm)
収納サイズ:W420×D420×H220mm
重量:2.8kg
材質:網・胴体・蓋/ステンレス鋼/脚部/アルミ合金
https://www.onway.jp/onlineshop/shop/_pc/detail_goods141.html

 

【Petromax/ファイヤーボウル】鉄板に脚を取り付けた、オトコの焚き火台。

ミリタリーやクラシカルなテントサイトでよく見かけたのが、Petromax(ペトロマックス)の「ファイヤーボウル」。鉄板に取り外し可能な脚がついたごくシンプルなデザインで、オトコらしいキャンプスタイルによく映える逸品です。

「鉄板に脚がついた無骨でシンプルなデザインに一目惚れでした」。

Owner:ノナトモさん、サチさん

焚き火台としてだけでなく、調理用の鉄板としても使えるという一石二鳥なこの焚き火台。3サイズ展開のうち、こちらのテントサイトでは一番小さな「fs38」をチョイス。

「ただ鉄板に脚をつけたシンプルで無骨な見た目が気に入ってこの焚き火台にしました。スチールらしいずっしりとして重みもいいし、使ううちにサビてくるのもかっこいいんですよ。脚を外せばかなり薄くなるので収納にも便利だし掃除も簡単で、最高です!」

知り合いに作ってもらったという風防を載せ、ネイチャートーンズのファイヤーテーブルを設置。さらに、Camcoのファイヤーリングで囲んだ重装備スタイルで焚き火を楽しんでいました。

「難点は風が吹くと灰が全部飛んでしまうこと。まわりに迷惑がかかるので、焚き火台として使用するときは風防が欠かせません」。

【焚き火台 DATA】
アイテム:ペトロマックス「ファイヤーボウル」
販売価格:fs38  ¥9900、fs48  ¥12100、fs56  ¥16100
組み立てサイズ:φ 380 × 260mm
収納サイズ:φ 38 × 3mm + 脚260mm×3
重量:約3kg
材質:スチール
https://www.star-corp.co.jp/shop/products/detail.php?product_id=100547

 

【solo stove/Bonfire】多人数キャンプにもってこいの大型モデル。

おしゃれキャンパーの間ではすっかり定番となったsolo stove(ソロストーブ)の大型焚き火台「Bonfire(ボンファイヤー)」。

ガンガン薪を放り込めるサイズ感とバツグンの火力でグループキャンプなど人の集まるシーンで絶対的な人気を誇っています。ただ、ビッグサイズ故にハードルが高いイメージですが、実際はどうなんでしょうか。

「豪快に焚き火を楽しみたいなら絶対コレ!」

Owner:斎藤健二さん

ボンファイヤーは高品質のステンレス材(SUS304)を使った直径約50cmの筒型焚火台。独自の二重壁構造により2次燃焼を起こし、高火力で効率的に薪を燃やすことができるのが魅力の人気モデル。

オーナーの斎藤さんは「料理をせずに、ただ豪快に焚き火を楽しみたいなら絶対コレです。とにかく燃焼効率がいいので、火起こしがラクですし、灰も煙も火の粉もほとんど出ないので、周りに迷惑を掛けることなく楽しめます。火力も高くてストーブ効果もあるので、夜は暖が取れるのもいいですね」。

ただし、やはり大型なだけに「焚き火好きには絶対おすすめですが、やっぱり場所はかなりとります。収納場所の確保が大変なのが難点ですね」と、折りたたみ式ではないため収納問題がつきもののようです。

【焚き火台 DATA】
アイテム:ソロストーブ「ボンファイヤー」
販売価格:¥43450
サイズ:W483mm × H356mm
重量:約9.1kg
材質:ステンレススチール
http://www.uneplage.net/?pid=116212095

 

GO OUTキャンパー愛用の焚き火台はまだまだ!次ページへ続く。

 

 

【sanzoku mountain/mouncol】人気沸騰中のウワサの焚き火台。

感度の高いキャンパーさんたちの間で人気沸騰中なのが、ガレージブランド「山賊山(サンゾクマウンテン)」の「マウンコル」。

GO OUT CAMPでは、定番品といえるほどたくさんのキャンプサイトで見かける人気モデルです。そんな人気の理由はどこにあるのか、男4人でワイルドにキャンプを楽しんでいたグループに聞いてみました。

「オトコらしい見た目とガンガン薪をくべられるサイズ感がいいですね」

Owner:りゅうさん、おおさん、ダニ―さん、しんちゃん

マウンコルは、黒皮鉄を使用した無骨さ極まりないデザインがソソる円筒型の焚き火台。直径約450mmと大きく、豪快に焚き火が楽しめるうえ、2つの長さの脚は付属し高さ調節ができるのもポイント。

使用感については「インスタで見つけて一目惚れして購入しました。黒いボディと無骨なフォルムがかっこいいですね。(径が)デカいので、薪を組みやすくて、ガンガン焚き火を楽しめますよ」とのこと。

サンゾクマウンテンは併せて使える別売りアイテムも豊富で「焚き火もガッツリ楽しめて、料理にも使えて、汎用性が高いのも魅力です」と拡張性も高いよう。

デメリットとしては「鉄だからしょうがないんですが、重いのがちょっと難点です。クルマへの積み下ろしがしんどいです(笑)」とのこと。

【焚き火台 DATA】
アイテム:サンゾクマウンテン「マウンコル」
販売価格:¥35800
組み立てサイズ:(100mmの脚装着時)約φ450 × H260mm/(170mmの脚装着時)約φ450 × H330mm
収納サイズ:約W450 × H170mm、脚 100mm×3本/170mm×3本
重量:セットで約7kg
材質:黒皮鉄
http://www.sanzokumountain.com/product/all/mouncol.php

 

【SnowPeak/焚き火台】焚き火台といえば!な王道モデル。

焚き火台の王道中の王道といえるSnow Peak(スノーピーク)のロングセラーモデル「焚き火台」。永久定番ともいえる名作だけに、焚き火台を選ぶ際に候補に上げる人も多いはず!

実は今回取材をする中でも、使っている人が一番多かったのがこちら。そんな「焚き火台」の使い心地はどうなんでしょうか。

「タフでコンパクトなのが最高!もう7〜8年使ってます」

1.5mm厚のステンレス板を使用したタフな作りと平たくたためる収納性が魅力。S・M・Lと3サイズ展開のうちオーナーの中野さんはMサイズをチョイス。トライポッドと組み合わせることで調理用としても活用していました。

「とにかくタフなところがいいですね。もうかれこれ7〜8年使っています。それでいてコンパクトにたためるので家やクルマで収納に困らないのも嬉しいです」と中野さん。

グリドルやプレートなど、豊富なオプションが揃うのもこの焚き火台の魅力ですが、中野さんが使用するのは炭床と灰皿となるベースプレートのみ。

「薪を積んでガンガン燃やしたいので、グリルなどは使いませんね。料理をしたいときはトライポッドを使ったほうが薪も高く積めて火力が出せるので」。

唯一の欠点としては「2〜3人用となっていたのでMサイズにしたんですが、正直小さいなと。Lサイズにすればよかったです。たくさん燃やしたい人にはLサイズがおすすめですね」。

【焚き火台 DATA】
スノーピーク「焚き火台」
販売価格:Sサイズ  ¥9460、Mサイズ  ¥13860、Lサイズ  ¥17160
組み立てサイズ:W350×D350×H248mm
収納サイズ:450×515×32mm
重量:3.5kg
材質:ステンレス
https://ec.snowpeak.co.jp/snowpeak/ja

 

【Onway/聖火焚火台】独創的フォルムで魅せる個性派。

珍しい焚き火台を発見! こちらはオンウェーらしい斬新なデザインが特徴の焚き火台「聖火焚き火台」。

その名の通り聖火台をイメージしてデザインされたという螺旋を描いた芸術的なフォルムは、一部のキャンパーさんに絶大な人気を誇っているよう。

「渦巻状に炎があがる燃え方がキレイなんですよ」

Owner:松本大樹さん

複数の焚き火台を持っていながらこれが一番のお気に入りだというオーナー松本さんは「この美しいデザインが気に入ってます。シンプルな構造ながら、他にないこのフォルムがいいんです。しかも、燃え方もキレイで、うまくいくと渦巻くように炎が上がるんですよ」。

ステンレス製のプレート6枚からなり、厚さ約6cmに折り畳めるコンパクト設計。ワンタッチで設営ができるのもポイントです。「薄くたためるので持ち運びにも便利ですし、手入れも簡単でワンタッチでコンパクトになるので本当助かってます!」とのこと。

 

ただし「灰や火の粉が飛んでしまうので、使用時はリフレクターでガードするようにしています」と、焚き火マナーに気を使っているようでした。

【焚き火台 DATA】
アイテム:オンウェー「聖火焚火台」
販売価格:¥13200
組み立てサイズ:W380×D335×H280mm
収納サイズ:W450×D430×H60mm
重量:3.2kg
材質:ステンレス合金
https://www.onway.jp/onlineshop/shop/_pc/detail_goods135.html

Photo/Takuma Utoo

 

情報提供元:GO OUT
記事名:「その焚き火台、実際どうなの? 購入前に聞きたいリアルな声。