毎シーズン、この時期になると様々なブランドやショップからリリースされる「ナンガ別注アイテム」。その名の通り、ダウンメーカーNANGA(ナンガ)とコラボしたプロダクトになるが、その数は年々増え続け、今季はついに140型以上のアイテムが展開されている。

なぜ、そこまでナンガは多くのブランドからリスペクトされるのか。その魅力を3つのチャプターで紹介。アウトドア業界とファッション業界の双方からコラボ依頼が殺到するのは、それだけの理由があるのだ。

 

Chapter 1:老舗企業ならではの豊富な実績と確かな技術力。

ナンガの創業は1941年。近江真綿の産地として有名な滋賀県米原市にて誕生した。当初は炬燵布団などを製造していたが、60年代からシュラフの生産も請け負うことに。そして90年代に入ると独自素材の“オーロラテックス”を採用した、オリジナルのダウンシュラフを発表。高品質な羽毛や縫製技術から生まれる圧倒的な保温力が、アウトドア業界を中心に口コミで広がり、世界中のアルピニストたちも注目しはじめた。

「弊社で開発したオーロラテックスは高レベルの防水透湿素材ですが、当初はゴアテックスと比較され、なかなか認知していただけませんでした。それでも15年ほど前からシュラフを中心に少しずつ結果が出始め、今ではウエアにも採用する弊社を代表する定番マテリアルとなっています」(横田智之さん/ナンガ代表取締役社長)

オーロラテックスを使った代表的なアイテムがオーロラダウンジャケット。そのベースとなるモデルは、アーバンリサーチとのコラボレートによって誕生した経緯がある。現在も両者のコラボは継続され、今年で10年目。もちろん今季も新作モデルがリリースされているが、どんどんスタイリッシュに進化している。

NANGA×URBAN RESEARCH DOORS   Aurora  ¥33000

今季、アーバンリサーチ ドアーズがパターンから別注した渾身のダウンジャケット。今まで定番でリリースされてきたが、今回よりパターンを見直して、シルエットをリニューアル。着丈を短くして、肩幅と身幅を大きくしたクラシックな一着に仕上げられている。

「透湿・保温・撥水に優れたオーロラテックスと高品質な羽毛を採用しながらも、リーズナブルなグッドプライスで提供できるのは、ナンガさんだからこそ。おかげさまでコラボレーションアイテムは、毎シーズン爆発的にヒットしています」。(柳堀佑太さん/アーバンリサーチ プレス)

Chapter 2:妥協を許さない素材へのこだわりとクリーンなスタンス。

ナンガが創業以来、一貫してこだわり続けているのがダウンの品質。そのために羽毛の産地も世界中から厳選してきた。現在は、スペイン産の成熟した水鳥の羽毛をメインに使用しているが、すべてのアイテムに原産国証明を付けることを徹底している。

「ダウン製品は、お客様が封入された羽毛を見る機会はほとんどありません。だからこそ、そこを1番に捉えて羽毛を選定しています。原産国証明は、羽毛布団では当たり前に行われてきたことなので、その流れで続けてきました。今後も自分たちが思うベストを選択していきます」(横田智之さん/ナンガ代表取締役社長)

ダウンの品質をさらに向上させているのが国内洗浄。ナンガが使用する羽毛は、すべて三重県にある老舗羽毛加工メーカー、河田フェザーで洗浄加工されている。

「国内洗浄にこだわる1番の理由は洗浄力。他国の洗浄工場も視察してきましたが、やはり日本の洗浄技術が最も進んでいると感じました。いい洗浄をすることで、羽毛の独特な匂いを大幅に軽減することができ、当然ながら保温性を上げることができるんですよ」(横田智之さん/ナンガ代表取締役社長)

FT BOMB JACKET ¥81400

そうしたナンガの妥協を許さない素材へのこだわりに共感して、長年タッグを組んできたF/CE.の最新コラボアイテムがこちら。定番のボムジャケットをアップデートさせ、今季からダウン量を200gにアップ。フードとリブが一体型になったシンプルなデザインで、アーバンスタイルにも対応する。

「徹底した品質管理と羽毛に対するこだわりだけでなく、F/CE.のプロダクトの難易度の高い縫製も、しっかりと実現してくれました。ナンガは絶大な信頼をおいているメーカーです」(山根敏史さん/F/CE.デザイナー)

さらに、ナンガはリサイクルダウンを積極的に取り入れる『グリーンダウンプロジェクト』の立ち上げにも参入するなど、近年はエココンシャスな活動にも力を入れている。そもそも羽毛は限りある資源。しかし長年使用されてきた羽毛は、洗浄と精製加工することで新毛よりもキレイになるとか。そのため再生羽毛はサスティナブルな素材として新たに注目されている。

次は、ナンガの追求心と新たな挑戦に注目。

 

 

Chapter 3:ダウンアイテムにかけた飽くなき追求心とチャレンジ精神。

そしてナンガは、一昨年前よりアメリカへの本格進出を果たした。全米最大のアウトドアショー「Outdoor Retailer(アウトドア リテーラー)」にエントリーし、US限定モデルもリリース。会場では多くの目の肥えたアウトドアズマンたちが、ナンガのダウンアイテムの独自性とクオリティの高さを絶賛していたとか。

「ORでは、長年培った羽毛の知識もフル活用して、全世界に通用するダウンジャケットとシュラフを提案してきました。日本のブランドは海外では色使いが豊かなイメージが強いそうです。そこで国産の優れた生地と素材を使いながら、独自のカラーを引き出すことも意識しました。それも新しい挑戦のひとつです」(横田智之さん/ナンガ代表取締役社長)

NANGA×NATAL DESIGN  IGLOO DOWN JACKET4 ¥66000

そのナンガのアメリカ進出にも携わったというネイタルデザインとのコラボアイテムがこちら。「このジャケットは、部分的に縫い方や素材を変えていて、着心地の良さを追求しています。そのあたりの細かい部分も、ナンガさんは一緒になって考えてくれるから本当に頼もしいですね」(GOTOHさん/ネイタルデザイン ディレクター)

こちらも発色の豊かなダウンジャケットとなっており、新作のモデルは高い撥水性と保温性、快適性を高めたディティールとデザインを追及。オールドアウトドアスタイルをコンセプトにしたボリュームとカラーリングも魅力となっている。

老舗企業ながら飽くなく追求心でチャレンジを続けているナンガは、現在は化学的見地に基づいた究極のシュラフの開発を進めている。もちろんその技術は、ジャケットやパンツなどのウエアにも反映されるため、ダウンアイテムのさらなる進化も期待できそうだ。

「目指すは、化学的にも世界一のシュラフです。でも登山にはいろんなスタイルがありますよね。厳冬期、高所、低山、縦走……。それだけでなく、アジアやアメリカ、ヨーロッパで自然環境も大きく異なります。だから何をもって世界一とするかは難しい部分でもありますが、羽毛量と生地の関係性や最適な構造を研究して、できるだけ各環境に対応する最高級のシュラフを作りたいと思っています。

やっぱり寝具や布団をルーツに持つダウンメーカーとしては、これからも“世界一快適な睡眠を提供できるシュラフ”を追求していきたいですね」(横田智之さん/ナンガ代表取締役社長)

 

スタート直前!!  10月15日からNANGAがGO OUT Onlineを完全ジャック。

ナンガの最新プロダクトや傑作コラボアイテムが先行予約できるGO OUT Onlineジャックが、10月15日から開催される。GO OUT Onlineのトップ画面が、まるごとナンガのアイテムだけになるスペシャル企画で、様々な特典やプレゼントも用意。完売することも多いナンガに人気アイテムは、この機会に予約して確実に入手したい。

ナンガのGO OUT Onlineジャックは、10 月15日(火)お昼12時から18日(金)午前11時59分まで。詳しくはGO OUT Onlineをチェック!!


(問)ナンガ tel:0749-55-1016 https://nanga.jp/

 

情報提供元:GO OUT
記事名:「今季もコラボ依頼が殺到!! NANGAが多くのブランドからリスペクトされるワケ。