GoPro(ゴープロ)のHEROシリーズがさらに進化して「GoPro HERO8 Black」にアップデート。さらに、360度撮影が可能な「GoPro MAX」も登場する。

進化したフラッグシップ「HERO8 Black」。

GoPro HERO8 Black ¥55880

アクションカメラGoProの新しいフラッグシップ機「HERO8 Black」は、これまでの機種に搭載されていた先進機能を踏襲しつつ、ジンバルなしでもプロが撮影したようなヌルッとした映像が撮影できる画像安定化機能「HyperSmooth」が2.0となり、大きく進化を遂げているのが特徴。

HERO7 Blackに搭載されていた「HyperSmooth 1.0」よりも⼤幅に性能が向上して、すべての解像度とフレームレートで安定化機能が使えるようになり、さらに安定化を強化する新機能「ブーストモード」と、アプリ内で操作可能な「ホライゾンレベリング」(カメラが斜めになっていても映像を⽔平に調整する機能)が搭載された。

また、タイムラプス機能も「TimeWarp 2.0」にバージョンアップ。タイムラプス撮影中にリアルタイム撮影への切り替えが可能になったので、より効果的な映像撮影が可能になった。

この他にも、デジタル補正により4つの画角(1.最も広く臨場感あふれるSuperView、2.広⾓、3.歪みのない視野⾓、4.スマートフォンと同等の視野⾓)を簡単に選択できるデジタルレンズ、ウィンドノイズ低減機能を強化したオーディオ機能などを備えている。

また、底の部分に折り畳み式マウントフィンガーを内蔵したことで、自撮り棒などに取り付けるためのアドオンフレームが不要になったのも嬉しいポイントだ。発売は10月25日(金)。

 

HERO8 Blackの機能を拡張するアクセサリーも。

HERO8 Black の機能を拡張するアクセサリーとして、3種類のモジュラーも新たに登場する。

(左から)メディア モジュラー/ディスプレイモジュラー/ライトモジュラー 全て価格未定

ガンマイクの指向性オーディオ性能を実現する「メディア モジュラー」、撮影時の確認⽤ディスプレイとして使える折り畳み式の1.90 インチ前⾯/背⾯ディスプレイ「ディスプレイモジュラー」、⽔深10 mの防⽔性能を搭載した多⽤途なライト「ライトモジュラー」の3つで、いずれも国内発売⽇程と価格は未定となっている。

 

デュアルレンズで360度撮影も可能な「MAX」。

GoPro MAX ¥67100

カメラの正面と背面に2つのレンズを搭載。これまでのHEROカメラのように使えるのはもちろん、360度撮影も可能な多機能カメラ「GoPro MAX」が新しく登場する。

GoPro Maxは、ユーザー側にタッチスクリーンがあり、また、ガンマイクのようにカメラの正⾯または背後の⾳声を任意に優先することができるので自撮りに最適。カメラを水平移動させることなく270度の歪みのないパノラマ写真を撮影できる「PowerPano」でスケール感のある⾃撮りも可能だ。

180度撮影時に使える手ブレ補正機能の「Max HyperSmooth」や、カメラ内ホライゾンレベリング(水平ロック)を搭載していてシーンを選ばず映像を安定化。

また、360度で撮影した映像は、アプリを使用して従来のビデオや写真にリフレームして再⽣、編集、共有も可能となっている。発売は10月25日(金)。


(問)タジマモーターコーポレーション・GoPro 事業部 tel:0538-66-0020 http://www.tajima-motor.com/gopro/

 

情報提供元:GO OUT
記事名:「GoProから新フラッグシップ機「HERO8 Black」と360度撮影が可能な「Max」が登場!