確かな靴作りで信頼を集める《J.M. WESTON(ジェイエムウエストン)》。写真は、2018年にブランドのアーティスティック・イメージ&カルチャー・ディレクター に就任したオリヴィエ・サイヤールによる初めてのコレクション「コレクション パピエ」の一足。アイコンモデルとして世界中から愛され続けている「180 シグニチャーローファー」と「641 ゴルフ」に、オリヴィエ・サイヤールの解釈が加わり、新たな魅力を生み出しています。 

 

インソールやキルトの一部に、ペーパーに付着したインクのシミや、色褪せた様子をデザインに用いることで、《ジェイエムウエストン》の歴史を表現。ブラックとダークブラウンのボックスカーフというクラシックな色の選択には、「靴に足を滑り込ませるように、ブランドの歴史に入り込みたい」というオリヴィエ・サイヤールの思いが込められています。 

 

 

ゴルフコースの芝で生まれた「641ゴルフ」は、1955年の登場から現在まで快適さと堅牢さ、そして洗練されたフォルムで人気のモデル。これまでのものよりも大きく、リバーシブル仕様となったシューズキルトが付属されているので、ドレスアップした装いに、キルトを外してスタンダードに、2通りの表情を楽しめます。また、ソールの張替えが可能なグッドイヤー製法を用いているので、丁寧にケアして長く愛用できるのも嬉しいポイントです。

 

 

シューズ¥145000/J.M.  WESTON(ジェイエムウエストン 青山店)

 

【お問い合わせ先】

ジェイエムウエストン 青山店 03-6805-1691

 

 

5月のテーマは、センスと風合いに溢れる「ハンサムなおじさん」スタイル。気取りすぎず、好きなものは好き!と自分らしくおしゃれを楽しむ彼らに憧れを抱く人も多いはず。使い込むほどに愛着の持てる、渋くて味わい深いアイテムがいっぱいです。

 

 

photograph_ Kato Shinsaku

styling_Kiyomiya Mio

text_Shimaoka Minako

edit_Oguchi Eiko

 

 

情報提供元:FUDGE
記事名:「スタンダードに、ドレスアップに。表情を選べる《ジェイエムウエストン》のシューズ【FUDGE GIRLのためのアクセサリークリップス】