薬を食後に飲むなら食べ終えた30分後が正解。薬を食後すぐに飲むのは大間違いです。胃の中でペースト状となってしまい、薬の吸収を妨げられてしまいます。だからこその30分後なのです。薬を食後や食前に飲むときの正しい飲み方について詳しく見ていきましょう。

薬を食後に飲むなら食べ終えた30分後が正解

薬を食後すぐに飲むのは大間違い

薬を食後に飲むからといって、食事を終えてすぐに水を頼んで薬を飲んだことはありませんか? 薬を飲むタイミングでもっとも多いのが食後になります。しかし、薬を食後すぐに飲むのは大間違いです。

薬を食後に飲むなら食べ終えた30分後が正解。薬を食後すぐに飲むと、胃で消化されている食べ物と混ざってペースト状になってしまいます。すると、胃で吸収されずに小腸に送られることになってしまうのです。

一方、食事を終えて30分後には、食べ物の消化はだいたい終わっています。これなら食べ物に含まれている成分の影響を受けやすい薬も安心。消化のために分泌された胃酸の量も少なくなっているため、胃酸の影響も受けません。

薬を食後30分で飲むと運ばれやすい

このように食事を終えた30分後は、胃が薬を吸収しやすい環境になっているのです。しかも、薬を食後30分で飲むと胃の血流量も増えているので、吸収された薬の成分が血液とともに運ばれやすくなるという利点もあります。

それでは、薬を食前に飲むようにいわれた場合はどうでしょう? 食前の場合は30分前に飲むのが正解です。食前に飲む薬は、吐き気止めや食欲増進剤などの場合が多いでしょう。

このほかにも、薬を食間に飲むように指示されることがあります。この場合は、食事を終えた2時間後に飲むのが正解。食事と次の食事のあいだの真ん中の時間帯である必要はありません。

■「食後」おすすめ記事
食後の運動は大間違い!ダイエットには逆効果
食後に横になるとき「右を下」にするのはNG

■「薬」おすすめ記事
鼻づまりと鼻水でアレルギー性鼻炎の薬は違う
食間に服用とは薬を食事の2時間後に飲むこと
気象病の予防には抗ヒスタミン剤の酔い止め薬
低気圧の頭痛を治すなら酔い止め薬を飲むべし

【関連リンク】
胃下垂の治し方!!インナーマッスルを鍛えるべし
低気圧の頭痛を治すなら酔い止め薬を飲むべし
鼻づまりを10秒で治す方法「脇の下にコブシ」
ゾンビ体操1日3回で30分間のウォーキング効果
ふくらはぎの筋肉は短距離と長距離で大きく違う

情報提供元:インナーマッスル
記事名:「薬を食後に飲むなら食べ終えた30分後が正解