上半身の筋トレで目指すべきは逆三角形のモテる体型。それには胸の大胸筋と肩の三角筋がポイントになります。この2つを一気に鍛えられるのが腕立て伏せです。とはいえ、腕立て伏せは誰もが知っているメニューゆえに、間違ったフォームで覚えている人も多いもの。モテる体型になる正しい腕立て伏せを解説します。

モテる体型になる筋トレは上半身は腕立てで十分

モテる体型とは逆三角形の上半身

じつは上半身には、全筋肉のおよそ25%が集まっています。胸や背中といった上半身の大きなアウターマッスルを筋トレすることで筋肥大させると、代謝が上がって太りにくい体質が手に入るのです。

そして、扇形に広がる大胸筋と発達した肩の三角筋が作る逆三角形の上半身は、多くの男性が憧れるモテる体型。逆三角形の上半身は、スーツもTシャツも似合うモテる体型の代名詞です。

モテる体型になる筋トレメニューはたくさんありますが、何かひとつに絞るとしたら腕立て伏せでしょう。腕立て伏せは、上半身の逆三角形を作るポイントとなる大胸筋と三角筋を一挙に鍛えられるのです。

モテる体型になる筋トレメニュー

さらに腕立て伏せには、上腕三頭筋の筋トレ効果もあります。モテる体型になる筋トレメニューである腕立て伏せさえ覚えていれば、上半身の筋肉の大部分は鍛えられるのです。

とはいえ、腕立て伏せは誰もが知っているモテる体型の筋トレメニューであるがゆえに、間違ったやり方をしている人が少なくありません。見よう見まねで筋トレで切るので、正しいやり方を知るタイミングがないのです。

モテる体型作りに腕立て伏せ行うポイントは2つあります。1つは床につく両手の間隔。肩幅の1.5倍が目安です。2つめは手を置く角度。両手を外側へ45度開いて、手首の負担を減らすようにしましょう。

【関連リンク】
その気になればすぐ!?内臓脂肪レベルの落とし方
「体幹」と「インナーマッスル」の鍛え方の違い
皮下脂肪を落とすだけで腹筋を割る方法とは?
体脂肪率の理想は腹筋が割れる「10%以下」
ぽっこりお腹を引き締めるインナーマッスル腹筋

情報提供元:インナーマッスル
記事名:「モテる体型になる筋トレは上半身は腕立てで十分