深夜に食事をすると太ることは以前から指摘されていること。深夜の食事で内臓脂肪が溜まる理由は3つあります。1つは昼食から時間が空いてドカ食いしがちなこと、2つめは活動しない時間帯のカロリー摂取であること、3つめは時間が空いた食事は血糖値が上がりやすくなることです。詳しく見ていきましょう。

深夜の食事で内臓脂肪が溜まる3つの理由とは?

深夜の食事は内臓脂肪を溜め込む

深夜の食事は昼食から時間が空いてお腹ペコペコの状態。ついふだんの食事よりもたくさん食べがちです。ご飯などの糖質に、揚げ物や脂肪分の多い肉など脂っぽいものを食べて、余ったエネルギーが内臓脂肪として溜め込まれます。

しかも、糖質と脂質は体を動かすために必要なエネルギー源ですが、深夜に食事をしてもあとは寝るだけ。活動しない時間帯であるためエネルギーとして消費されず、内臓脂肪が増えてしまうのです。

さらには、食事と食事の時間が空いてしまうと、食後の血糖値が上がりやすくなります。血糖値が上がるとインスリンが分泌され、糖を脂肪細胞に溜め込むことが促されてしまうのです。結果的に、内臓脂肪が増えてしまいます。

深夜の食事になるなら3時のおやつ

このほか「BMAL1(ビーマルワン)」というタンパク質にも注意しなければなりません。BMAL1は脂肪を溜め込むための酵素を増やす働きを持っています。体内時計と密接な関係があり、時間帯によって量が増減するのです。

BMAL1は昼間は少なく、夜に増えるという特徴があります。とくに22時から深夜2時ごろにピークを迎える一方で、もっとも少なくなるのが15時ごろです。ピーク時のBMAL1は少ない時と比べ、約20倍になるデータもあります。

すなわち、深夜の食事は昼間の食事よりも脂肪を溜め込みやすいというわけです。深夜の食事になることが分かっているならBMAL1の特性を利用して、15時くらいに「3時のおやつ」を食べておくとよいでしょう。脂肪として蓄積しにくいだけでなく、深夜の食事のドカ食いや血糖値の急上昇を抑えることにもつながります。

【関連リンク】
その気になればすぐ!?内臓脂肪レベルの落とし方
「体幹」と「インナーマッスル」の鍛え方の違い
皮下脂肪を落とすだけで腹筋を割る方法とは?
体脂肪率の理想は腹筋が割れる「10%以下」
ぽっこりお腹を引き締めるインナーマッスル腹筋

情報提供元:インナーマッスル
記事名:「深夜の食事で内臓脂肪が溜まる3つの理由とは?