お尻の筋肉を鍛えるなら、股間にペットボトルを挟み込んで音を鳴らす方法が効果的。つま先とかかと、ひざをなるべく付けて立ったら、かかとを中心にしてつま先を90度開いて、ゆっくりとひざをつま先の方向に曲げていきます。お尻の筋肉をペットボトルをつぶして鍛える方法を詳しく見ていきましょう。

お尻の筋肉だけでなくお腹まわりも鍛える方法

お尻の広い範囲の筋肉が鍛えられる

ここでペットボトルを股関節最上部に挟んで、ゆっくりとひざを伸ばしていくのです。最後にペットボトルの音が鳴るくらいゆっくり行います。太ももの内側とお尻の筋肉に力を入れて音を鳴らすのです。

お尻の筋肉をペットボトルをつぶして鍛える方法は、股関節を前後方向だけに動かす普通のストレッチとはちょっと違っています。足を90度に開いているため、股関節の外転という動きも加わるのです。

このため、お尻のもっとも大きな筋肉である大殿筋だけでなく、その奥にある中殿筋や小殿筋も鍛えることが可能。広い範囲の筋肉が鍛えられるため、代謝が上がってダイエット効果も期待できます。

お尻の筋肉のさらに負荷を上げる

お尻の筋肉をペットボトルをつぶして鍛える方法で、さらに負荷を上げる方法を紹介しましょう。イスの背もたれを片手で持って、支えにして行うとよいでしょう。イスの背もたれに直角の向きに両足をつけて立ったら、つま先を広げます。

ひざを少し曲げて股関節最上部にペットボトルを挟んだら、足を伸ばして直立姿勢になれば準備が完了。この体勢からイス側ではないほうの足を後ろに引き上げます。そして、イス側のひざをつま先のほうに軽く曲げるのです。

このひざの曲げ伸ばしを繰り返すのがお尻の筋肉の負荷を上げる方法になります。ポイントは、お尻にキュッと力を入れることで、お腹の筋肉もキュッと力が入ること。お腹まわりにも効果が出ます。できる範囲で行えばOKです。

【関連リンク】
自宅の風呂で筋トレ!たった1分半の腹筋メニュー
女性が腹筋を鍛えるならインナーマッスルが最適
相撲のシコ踏みは腸腰筋の鍛え方に最適だった
腹筋の正しい鍛え方には「腹式呼吸」が大切だった
腹筋を毎日鍛えられる1回たった30秒のやり方?

情報提供元:インナーマッスル
記事名:「お尻の筋肉だけでなくお腹まわりも鍛える方法