片方だけの鼻づまりで何度も鼻をかんだことはありませんか? じつは鼻づまりはいくらかんでも解消しません。鼻づまりの原因が鼻水ではないからです。鼻づまりの原因は鼻の粘膜の腫れ。片方だけの鼻づまりを解消するなら、その腫れを抑えなければなりません。片方だけの鼻づまりを解消する方法を紹介します。

片方だけの鼻づまりをすばやく解消する方法とは

片方だけの鼻づまりを解消する方法

片方だけの鼻づまりをたった10秒で解消する方法を紹介しましょう。それは、鼻づまりしている片方とは反対側の脇の下に、コブシを挟んで圧迫するという方法です。これで一時的ですが、鼻づまりが解消します。

脇の下を圧迫することで自律神経のセンサーを刺激。すると、鼻水を増やすという自律神経の指令が一時的に解除されます。これで血管を広げる作用が抑えられて、鼻の粘膜に溜まっていた血液成分が解消するのです。

そもそも鼻づまりとは、風邪や花粉症などによって鼻の粘膜が炎症をおこしてしまっている症状。炎症により鼻の中の空気の通り道が狭くなり、片方の鼻が詰まっているのです。

鼻づまりしている片方とは反対の脇

鼻の粘膜の腫れを支配しているのは自律神経。自律神経が鼻水を増やす指令を出すと、鼻粘膜の血管を広げる作用が発生します。すると、多くの血液成分が溜まって粘膜が腫れてしまうわけです。

このため、鼻づまりしている片方とは反対側の脇の下にコブシを10秒間挟むことで、自律神経のセンサーを刺激します。結果的に、鼻の粘膜の腫れがひいて鼻づまりが解消するわけです。

手軽に鼻づまりを解消するなら鼻を温めるのもよいでしょう。蒸しタオルやカイロで鼻全体を温めます。何もなければ自分の手で鼻を覆ってもOKです。温かい飲み物の蒸気を吸い込むのも効果的です。一時的に鼻どおりがよくなります。

■「鼻づまり片方」おすすめ記事
鼻づまりが片方だけ…は重大な病気かもしれない
片方だけの鼻づまりは虫歯が原因かもしれない

■「鼻づまり」おすすめ記事
鼻づまりの原因はじつは鼻水ではなかった件
鼻づまりの原因は鼻水ではなく粘膜の膨張だった
鼻づまり解消にぜひ試してほしい方法まとめ
鼻づまりを10秒で治す方法「脇の下にコブシ」
鼻づまりツボは「風池」と「迎香」が効果アリ
隠れ鼻づまりで寝ている間だけ口呼吸になる理由
鼻づまりと鼻水でアレルギー性鼻炎の薬は違う
鼻づまり解消には何の成分を含む風邪薬が効く?

【関連リンク】
胃下垂の治し方!!インナーマッスルを鍛えるべし
低気圧の頭痛を治すなら酔い止め薬を飲むべし
鼻づまりを10秒で治す方法「脇の下にコブシ」
ゾンビ体操1日3回で30分間のウォーキング効果
ふくらはぎの筋肉は短距離と長距離で大きく違う

情報提供元:インナーマッスル
記事名:「片方だけの鼻づまりをすばやく解消する方法とは