大腰筋は体の中心部にあって、とても大きなインナーマッスル。このため、大腰筋をトレーニングすると基礎代謝が上がって、食事量を減らすことなく痩せやすい体質になるのです。そこで、たった2週間でウエストが5センチも細くなった人もいる、3種類の大腰筋トレーニングを紹介しましょう。

大腰筋トレーニングは2週間でウエスト5cm減

大腰筋トレーニングで姿勢が改善

大腰筋は背骨の下部と足の付け根を結ぶインナーマッスル。いわば上半身と下半身のつなぎ役です。大腰筋をトレーニングすると姿勢の改善にもつながるため、腰痛や肩こりの予防にも効果があります。

そんな大腰筋をトレーニングする3種類の方法を紹介しましょう。それが「足踏み・スイング・ランジ」という大腰筋トレーニングになります。

1つめは、その場で足踏みしながら太ももを上げる大腰筋トレーニングです。ひざが90度かつ太ももが床と平行になるように、大きく足を上げて行います。ポイントは足の付け根から上げること。腕を曲げて動きに合わせて前後へ振ります。

最初はゆっくりと50回を目安に行ってください。最終的には300回が目標です。体の奥に疲れを感じるのであれば、とくに大腰筋に効いていることになります。大腰筋トレーニングは毎日行うのが理想的ですが、1日おきや週3回でも十分です。

大腰筋トレーニングは踏み込む動作

2つめは足を前後にスイングする大腰筋トレーニング。イスの背を片手で持って体を固定したら、息を吸って胸を張って背筋を伸ばした準備完了です。足の付け根から後ろへ大きく振ったら、息を吐いて太ももを胸まで引き上げます。

反対の足も同様に脚の付け根から動かします。このストレッチは片脚10回から始め、最終的には30回を目標にしましょう。

3つめは、足を大きく踏み込む動きを繰り返す大腰筋トレーニングです。腰に手を当てて背筋を伸ばしたら、息を吐きながら1歩踏み込みます。腰を沈め切ったら、踏み込んだ足で床を蹴って足を元に戻るのです。

反対の足も同様に踏み込みます。目標となるひざの角度は90度。無理のない歩幅で左右交互に10回ずつ行います。ひざの位置がつま先の真上にあるのが理想です。

【関連リンク】
自宅の風呂で筋トレ!たった1分半の腹筋メニュー
女性が腹筋を鍛えるならインナーマッスルが最適
相撲のシコ踏みは腸腰筋の鍛え方に最適だった
腹筋の正しい鍛え方には「腹式呼吸」が大切だった
腹筋を毎日鍛えられる1回たった30秒のやり方?

情報提供元:インナーマッスル
記事名:「大腰筋トレーニングは2週間でウエスト5cm減