お腹痩せにはインナーマッスルを鍛えるのが正解です。ウエストを太く見せているのは内臓下垂に原因があります。インナーマッスルを鍛えて内臓を正しい位置に戻せば、お腹痩せは即効で実現するのです。なかでも、お腹痩せに重要な役割を果たすインナーマッスルが、腹筋の最下層に位置する腹横筋になります。

お腹痩せは即効性のあるインナーマッスルを強化

お腹痩せに即効性のある腹横筋とは

お腹痩せに即効性のあるインナーマッスル・腹横筋とは、お腹の壁である腹壁の最深部にある筋肉。腹筋では第三層にあたります。ちなみに、第一層が外腹斜筋、第二層が内腹斜筋です。

腹横筋は骨盤と肋骨下部を結んで水平に走っていて、お腹の中心にある筋膜に付着。アウターマッスルが関節を大きく動かす働きを持つのに対して、インナーマッスルである腹横筋は内臓を守るコルセットように伸びたり縮んだりします。

そして、腹横筋のインナーマッスルとしての重要な役割が、内臓を正しい位置に保って姿勢を安定させること。じつは、加齢でウエストが太く見えるのは、内臓が正しい位置より下がってしまう内臓下垂が原因です。

即効お腹痩せを達成するドローイン

内臓下垂は腹横筋が衰えることで、内臓を正しい位置に保持できなくなったおきています。ここで腹横筋を鍛えれば、下垂した内臓が元の位置に戻るというわけ。これがインナーマッスルがお腹痩せに即効性のある理由です。

そんなお腹痩せインナーマッスルを鍛えるなら、ドローインがおすすめ。ドローインはお腹をへこませた状態を維持するトレーニングです。背筋を伸ばして大きく息を吸ったら、息を吐きながらお腹をへこませます。

お腹をへこませたまま呼吸を続けて、息を吐くときにはさらにお腹をへこませるように意識するのがポイントです。これをふだんの生活のすき間時間に行うことで、即効でお腹痩せを達成することができます。

【関連リンク】
ダイエットは筋トレだけでも十分に痩せられる
ダイエットウォーキングは週2~3回でOK
お腹痩せには即効性で「むくみ取りマッサージ」
ライザップの食事は糖質制限ダイエットと同じ
体脂肪を減らす計算式を理解して簡単ダイエット

情報提供元:インナーマッスル
記事名:「お腹痩せは即効性のあるインナーマッスルを強化