内臓脂肪の落とし方は食前にチーズを食べるだけでOKです。チーズに含まれる脂肪は分解されやすく吸収もされやすいため、溜まりにくいことが特徴。加えて、チーズに含まれるカルシウムには内臓脂肪を落としてくれる効果があります。しかも、内臓脂肪の落とし方で食べるのはプロセスチーズで十分です。

内臓脂肪の落とし方は食前にチーズを食べるだけ

内臓脂肪の落とし方は食前のチーズ

チーズを食べるだけで実現できる内臓脂肪の落とし方を紹介しましょう。まずチーズには、ナチュラルチーズとプロセスチーズがあります。内臓脂肪の落とし方としての効果はどちらも同じ。手に入れやすいプロセルチーズで十分です。

というのも、乳酸菌が生きていて発酵を続けているのがナチュラルチーズ。一方、ナチュラルチーズを加熱・殺菌して発酵を止めたものがプロセスチーズです。ここで脂肪を燃焼させるポイントはカルシウムになります。このため、生きた乳酸菌が入っていないプロセスチーズでもかまいません。

そして、内臓脂肪の落とし方はチーズを食事の15分ほど前に食べるだけ。だいたい10~20gのチーズを摂るようにすると、次の食事までの空腹感が減るだけでなく、次の食事の量自体が減るようになるといいます。

内臓脂肪の落とし方を習慣にする

内臓脂肪の落とし方として、食前にチーズを食べるのは血糖値の急上昇を抑える効果があるため。チーズの成分だけでなく、食前に食べることも内臓脂肪を落とすことにつながるわけです。

この内臓脂肪の落とし方を習慣にするなら、味噌汁に粉チーズを振りかけてもよいでしょう。味噌の量を3分の1にした薄味味噌汁を用意。そこに大さじ半分3gほどの粉チーズを加えるのです。チーズにはうま味成分と呼ばれるグルタミン酸ナトリウムが含まれているため、旨みとコクが増しておいしく食べられます。

チーズをおやつで食べるならチーズせんべいもよいでしょう。溶けるタイプのスライスチーズをクッキングシートの上にのせて、電子レンジで2分ほど温めます。すると、チーズが溶けてうっすらと焼き色が付くでしょう。これを冷ませばチーズせんべいの完成。内臓脂肪の落とし方に最適な糖質ゼロのおやつです。

【関連リンク】
その気になればすぐ!?内臓脂肪レベルの落とし方
「体幹」と「インナーマッスル」の鍛え方の違い
皮下脂肪を落とすだけで腹筋を割る方法とは?
体脂肪率の理想は腹筋が割れる「10%以下」
ぽっこりお腹を引き締めるインナーマッスル腹筋

情報提供元:インナーマッスル
記事名:「内臓脂肪の落とし方は食前にチーズを食べるだけ