酢は非常に欠点が少なくて、健康効果がたくさんある体にとてもよい調味料です。ただし、体によいとわかっていても、酢の効果を得るための摂取量である毎日大さじ1杯を摂取するのはなかなか難しいもの。そこで、酢の健康効果を得るために毎日、手軽に摂取する方法を紹介しましょう。

酢の健康効果を得るために手軽に摂取する方法

酢の効果のために自家製ピクルス

酢の健康効果を得るために手軽に摂取するなら、塩と砂糖を合わせたお酢に野菜を一晩漬けこんだ自家製ピクルスです。お酢150mlに対して、砂糖50gに塩5g。好みの野菜をスティック状に切って一晩漬け込めむだけで簡単に作れます。

アサリの味噌汁に酢を使うのも効果的。アサリの殻のカルシウムを抽出するために、お酢の酢酸を利用するのです。貝殻に含まれるカルシウムは、酢を加えることで水だけで煮た場合の4倍以上も多く溶け出します。

お酢の量は水800mlに対して、大さじ1杯ほど。この程度の量であれば、味にはほとんど影響しません。ここで気になるのが、酢が蒸発してしまわないかということ。じつは酢酸が揮発する温度は118度。水の沸点よりはるかに高いため、沸騰したからといって酢酸が飛んでしまうことはありません。

酢を効果を手軽に得られる酢氷

酢水を製氷皿に入れて氷にした酢氷も、酢の健康効果を手軽に得る方法です。梅酢を薄めてハチミツを加えて凍らせれば、おいしい梅酢氷ができ上がります。作り方は、お好みの果実酢を4~5倍に薄めて凍らせるだけと簡単です。

このとき、ハチミツなどの糖分をお酢と同量加えると、完全には凍らずにシャーベット状になるため、そのままデザート感覚で食べられます。また、このシャーベットに炭酸水を注げば、果実酢ソーダのでき上がりです。

なお、酢を調味料として摂り入れるときには、酢の沸騰する温度に注意しなければなりません。煮物にはそのまま調味料として使えますが、炒め物の場合は酢の成分が飛んでしまう場合があります。炒め物は完成してから酢をかけるのが効果的です。

【関連リンク】
低気圧の頭痛を治すなら酔い止め薬を飲むべし
胃下垂の治し方!!インナーマッスルを鍛えるべし
鼻づまりを10秒で治す方法「脇の下にコブシ」
ふくらはぎを筋トレすると高血圧を解消できる!
ふくらはぎの筋肉は短距離と長距離で大きく違う

情報提供元:インナーマッスル
記事名:「酢の健康効果を得るために手軽に摂取する方法