記憶力を鍛えるのに遅すぎることはありません。自分のよく知るルート上の場所に記憶したいものを置いていけば、誰でも簡単に記憶力を鍛えることができます。しかも、年齢を重ねても記憶を司る脳の細胞は増やすことが可能。そして、記憶力を鍛えるには週3回の有酸素運動が効果的なのです。

記憶力を鍛えるには週3回の有酸素運動が効果的

記憶力を鍛えるのに年齢は関係なし

ロンドンのタクシー運転手の脳勤続年数でどのように違っているかを調べたデータがあります。場所を記憶する細胞が集まっている後部海馬は、長年タクシー運転手を続ければ続けるほど、その体積が増えていたのです。

これは、タクシー運転手が何千何万という道をどんどん覚えていることによるもの。すなわち、海馬にある脳の細胞は、使うことにより発達するということです。記憶力を鍛えるのに年齢は関係ありません。

さらに、記憶力を司る海馬については、驚くべき研究成果が発表されています。平均年齢68歳の人たちの海馬の大きさを、有酸素運動をしたグループとしなかったグループで比較した実験です。

記憶力を鍛えるには有酸素運動

有酸素運動をしなかった場合、1年間で海馬の大きさは右下がりに減少していきました。しかし、週3回40分の運動をした場合には、1年間で2%海馬の大きさが増えていたのです。

有酸素運動は、脳の神経細胞が成長するための肥料のような役割をするものを増やすと考えられています。週3回の有酸素運動で、認知症のリスクが半分になるという報告もあるほどです。

このため、記憶力を鍛えるには週3回の有酸素運動が効果的。記憶力を司る海馬が成長するからです。あとは、自分のよく知るルート上の場所に記憶したいものを配置する記憶法を実践すれば、記憶力を鍛えることができるでしょう。

【関連リンク】
低気圧の頭痛を治すなら酔い止め薬を飲むべし
胃下垂の治し方!!インナーマッスルを鍛えるべし
鼻づまりを10秒で治す方法「脇の下にコブシ」
ふくらはぎを筋トレすると高血圧を解消できる!
ふくらはぎの筋肉は短距離と長距離で大きく違う

情報提供元:インナーマッスル
記事名:「記憶力を鍛えるには週3回の有酸素運動が効果的