顔のリンパマッサージと聞くと顔をゴリゴリするイメージがありますが、それは大きな誤解。そもそも顔のリンパマッサージといっても、始めるのは肩と首周辺から。しかも、力加減はあくまでもソフトタッチ。なでるようにマッサージします。顔のリンパマッサージを肩と首から始める理由を見ていきましょう。

顔のリンパマッサージを肩と首から始める理由

顔のリンパマッサージは肩と首から

顔のリンパマッサージは、肩と首からマッサージしていくのが基本。まずは鎖骨が動くように前5回、後ろ5回、なるべく大きく肩を回します。続いては、指の腹で鎖骨の上のくぼんだ部分のマッサージです。

力の化減は、台所用スポンジの山の部分だけがへこむくらいの強さ。余りを力を入れすぎてしまうと逆効果です。押してしまうと、逆にリンパの流れを止めてしまったり、リンパ管を傷つけてしまう恐れがあります。

なんとなく、マッサージは痛気持ちいいくらいの力加減と思っている人も多いでしょう。ただし、それは筋肉をほぐすときの話。顔のリンパを流すためのマッサージは、ちょっと目的が違うため、力加減はソフトでOKです。

顔のリンパマッサージは首から流す

続いて、顔のリンパマッサージを行うのは首の左右。首の付け根から耳たぶまでを上下に2等分してマッサージします。まず下半分から回すように3回程度。首の形に指をフィットさせて、やさしく回します。

続いて、首の上半分も3回ほど回したら、最後に鎖骨に向かってなでるように、やさしくマッサージ。顔のリンパマッサージを行う前に、首のリンパ液を流しておくことが大切です。

顔のリンパ液はすべて首を通って鎖骨付近に流れています。このため、首のリンパ液を先に流しておくと、その後の効果がアップするのです。こうして顔のリンパを流れやすくしたところで、いよいよ本題のマッサージに進みます。

【関連リンク】
低気圧の頭痛を治すなら酔い止め薬を飲むべし
胃下垂の治し方!!インナーマッスルを鍛えるべし
鼻づまりを10秒で治す方法「脇の下にコブシ」
ふくらはぎを筋トレすると高血圧を解消できる!
ふくらはぎの筋肉は短距離と長距離で大きく違う

情報提供元:インナーマッスル
記事名:「顔のリンパマッサージを肩と首から始める理由