ニートゥチェストは、お腹の前面を覆っている平たく長い筋肉である腹直筋を集中的に鍛える筋トレメニュー。加えて、インナーマッスルである大腰筋も鍛えられます。表層から深層まで鍛えることができるので、ぽっこりお腹の解消に効果的です。腹直筋を鍛えるお手軽ニートゥチェストを紹介します。

腹直筋を鍛えるお手軽ニートゥチェストのやり方

腹直筋を鍛えるニートゥチェスト

腹直筋を鍛えるニートゥチェストは足を伸ばして座る長座の姿勢から、手をお尻の後ろについて上体をやや倒した状態がスタートポジション。両足を床から少し浮かせて、いったん止めてからスタートです。

この体勢から息を吐きながら、3秒かけてひざを胸に引き寄せます。まさにニー(ひざ)をチェスト(胸)まで近づけるのです。このとき、足よりも腹直筋を使うことに意識を集中させます。

また、足側だけでなく胸側も同時に引き寄せることがポイント。より腹直筋に刺激を与えられるのです。実際にやってみて、腹直筋の下部と太もも前面に力が入っていれば問題ありません。

腹直筋に力を入れたまま元に戻る

そして、今度は息を吸いながら、3秒かけて元のスタートポジションに戻ります。スタートポジションに戻っても、腹直筋には力を入れたまま。足は床につけずに、常に浮いた状態をキープしてください。

腹直筋を鍛えるニートゥチェストは10回ほどが目安。もし両足でやるのがきついなら、片足ずつ行うのもよいでしょう。長座のスタートポジションから片足を浮かせて、その足のひざを胸に引き寄せるのです。

逆に、ニートゥチェストの負荷を上げて腹直筋をより鍛える方法もあります。両足を浮かせたスタートポジションから、ひざを伸ばしたまま足を引き付けるのです。いわゆるV字腹筋の姿勢になります。負荷を変えるいずれの方法も3秒で引き寄せて、3秒で戻すのは変わりません。

【関連リンク】
その気になればすぐ!?内臓脂肪レベルの落とし方
「体幹」と「インナーマッスル」の鍛え方の違い
皮下脂肪を落とすだけで腹筋を割る方法とは?
体脂肪率の理想は腹筋が割れる「10%以下」
ぽっこりお腹を引き締めるインナーマッスル腹筋

情報提供元:インナーマッスル
記事名:「腹直筋を鍛えるお手軽ニートゥチェストのやり方