「一理ある」というのは、「自分が死ぬ時に自分の遺伝子継いだ子孫が世界のどこにもいなかったとしたら何か寂しいなーという生物学的本能」だそうですが、病院で働く赤木継(@nougekanow)さんのこのツイートに注目が集まり、さまざまな視点で多くのコメントが殺到しています。

 

 

 

 

 

子どもを持つことが当たり前という風潮に違和感を持つ人、子どもを産んだけど看取ってもらおうとは思っていないという人、子どもを産まなかったけど後悔していない人、子ども夫もいないけど一人の今が楽しいという人…、そして子どもを病気などでなくしてしまった人…。さまざまな意見が飛び交う中、「子どもがいてもいなくても、最後は一人」と考えている人は多いようで、

 

 

 

つまり、「自分が死ぬときに幸せかどうかは自分が決める」ということ。ここはみなさん共感できるのではないでしょうか。 

情報提供元:citrus
記事名:「「子どもがいないと死ぬ時が寂しいよ?」と言う人がいるけど… 医療現場の意見に考えさせられる