「煽り運転の対策にドライブレコーダーを」と装着している人もいるかもしれませんが、思わぬトラブルもあるようで…。こんな投稿がいま話題になっています。

 

 

この投稿したいもG(@imoG_pso2)さんに共感する声も多く、

 

「ドライバーが不良品だった!」

「ドラレコ付けると自分が一番監視されるのに気が付いていない人」

 

などと、ドライバーの運転について指摘するコメントが多く集まりました。いもG(@imoG_pso2)さんによると、ドライブレコーダーを「事故を起こした時の免罪符」として勘違いしている人が多いとのこと。確かに事故やトラブルが起きたときの証拠にはなりますが、それ以前に自分の運転を記録しているものだということを忘れがちかもしれません。中にはこんな副作用も…。

 

「ドラレコに自分の熱唱してる音声が流れた時の絶望感」

「うちの親が録音されるから車の中では会話禁止と申しております」

 

車内の様子を常に監視されているようで気になることもありますが、運転への危機感が高まることは事実。今回の投稿で登場した「お客さん」も、ドライブレコーダーのおかげで、自分の危険な運転に気付けたことになります。「事故を起こしたときのために」ではなく、「事故を未然に防ぐために」ドライブレコーダーを上手に利用したいですね。

情報提供元:citrus
記事名:「「ドラレコが不良品だ」と苦情をいいにきた客 記録を見てみたら… まさかの映像に震えた