回転寿司でオトクなネタ=原価の高いネタ、と思われている人は多いのでは?でも、原価が高ければ美味しいということではありませんよね。安くて美味しいもの、つまりコストパフォーマンスに優れたものこそが、回転寿司で本当にオトクなネタだといえるのです。

 

その代表的なのが、「ハマチ」と「鯛」でしょう。なぜ、オトクだといえるのか?それはとても人気が高いネタなので、店側もかなり気合を入れて提供しているからです。実はこの二種は多くの大手回転寿司チェーンで国産の鮮魚を使い、中には店舗で捌きたてのネタを出す企業もあるほど。回転寿司というと海外の冷凍ネタが多い中、鮮度も味も抜群でしかも安い。これこそが本当にオトクなネタといえるでしょう。そういえば関西ではマグロよりもハマチや鯛の方が昔から人気が高く、おめでたい席には欠かせない魚とされてきました。回転寿司の発祥も大阪ならば、大手回転寿司チェーンも大阪に本社を置いている企業が多く、そのあたりがハマチと鯛にこだわりを持つ要因の一つなのかもしれませんね。

 

さらにレーンの上にも見逃せないオトクなポイントがあります。実はハマチや鯛の超希少部位がこっそりとレーンに流れていることがあるのです。タッチパネルでオーダーした場合は背に血合いの赤みが入った部位が提供されますが、レーンには脂がたっぷりとのった腹身が流れてくることがあるのです。腹身は一尾からわずかにしかとれないため、タッチパネルに載せるとすぐに売り切れになってしまいます。そこでこっそりとレーンに流し、気が付いた人のみがその恩恵に授かることができるというシステムを取っているのです。

 

回転寿司店に行ったら、ぜひ、レーンに注目してください。白味がかったハマチや鯛の腹身が流れてきたら超ラッキー!見逃す手はありませんよ!

情報提供元:citrus
記事名:「これを食べれば間違いない! 回転寿司で本当にオトクなネタは?