お金が貯まる人と貯まらない人にはそれほど能力に大きな差はありません。ただ一つ言えるとしたら、「ちょっとした習慣」を続けているかどうか。特別ではない、だれでもできるものばかりです。

 

 

 

■1000人以上の家計を取材して分かった“貯まる人”の暮らしの共通点とは?

Chapter 1「朝の習慣」


(1)家族より30分早く起きる
(2)好きな飲み物で、ひと息つく時間を持つ
(3)予定を確認し、今日の段取りを決める
(4)気になることは小さいことでもメモする
(5)キッチンとリビングを外出前に片付ける

 

「貯まる人」は何と言っても早起き! しかも「超」がつくほどの早起きで、4時起き、5時起きは当たり前なんだとか。

たとえば、貯まる人の共通点としてまずあげられる「早起き」。「早起きは三文の徳」とはよく言ったものですが、実は「時間」の使い方にヒントが!

 

もっと詳しく知りたい方はコチラ>>“貯まる人”に共通する習慣は? マネするだけで貯蓄が増える!?

 

 

 

 

■習慣ひとつで、お金が舞い込む人生になる

・「1万円札を先頭」に持ってくる

 

財布の中のお札を千円札から順に並べている人は、「金運が弱い人」だと佐藤氏。千円札を一番手前に置いているということは、「私はいつも千円札を使う人」と潜在意識の中で宣言しているも同然なのだそう。そこで、1万円札を手前に持ってきて「1万円札が似合う人」とセルフイメージを変えることで、金運アップに繋がる。

自分はお金が貯まる人間だというイメージすることが大切だそう。ほかにも、「貯金専用通帳」を常に持ち歩くことも確実に貯金を増やすのに効果的なのだとか。

 

もっと詳しく知りたい方はコチラ>>勝手にお金が貯まる人の“ちょっとした習慣”とは?

 

 

 

 

■年収2000万円以上の成功者が成功のためにしている3つの食習慣とは?

成功者はどんなに忙しくても食事をおろそかにしないという。

 

少なくとも20分から30分は食事のために時間を取り、よく噛んでゆっくり食べるのだそうだ。「彼らは食事を、自己管理の基本であり、心身のリフレッシュ、健康メンテナンスの時間と考えている」からなのだという。

 

また、自分のスケジュールをしっかり把握し、会議が昼食時間にかかり、外に食事に出る時間がなさそうな時などは、あらかじめ弁当を注文しておくなど、食べはぐれることがないように準備をしているという。

 

自分の心と体をベストな状態に保つために、食事をしっかりコントロールしているのだ。

忙しいからと急いで食事をかきこんだり、食べながらPCやスマホで作業をしたり、ましてや食事を抜くということはNG。食習慣には成功の秘訣がつまっているようです。

 

もっと詳しく知りたい方はコチラ>>絶対にスマホは見ない! 年収2000万円以上の成功者が成功のためにしている3つの食習慣

 

情報提供元:citrus
記事名:「お金が勝手に貯まっていく! 毎日の「ちょっとした習慣」とは