Tシャツ一枚で街を出歩くには心もとない。ですが、ジャケットを着るには暑い夏。そんな時期、一枚で着る大人の夏服としてオンオフ問わず活躍するのがポロシャツです。クールビズを実施している会社では仕事着になりますし、週末着としても便利です。

 

バリエーションも豊富で、ユニクロ・MUJIをはじめ1,000円台で手に入るものもあります。ところが、世間では「ゴルフのオジサン」「なんかだらしない」というようにポロシャツ姿の男性が必ずしも女性から高評価を得ているとは言えません。実は、ポロシャツの着こなしには3つの盲点があったのです。落とし穴にはまらず、ポロシャツを好印象に着るコツを服のコンサルタントの私がお伝えします。

 

 

■なぜ、ポロシャツは乳首が透けやすいのか?

 

盲点の1つ目は「乳首」です。

 

鹿の子地と呼ばれる編地を使用しているポロシャツは、通気性が良く夏服として重宝されます。その反面、生地の柔らかさから乳首が透けやすいというデメリットにお気づきでしょうか。鳩胸の男性が白・水色・ピンクなど淡い色のポロシャツを着たとき、乳首が透けるリスクが高まります。このリスクを回避する方法が2つあります。

 

1つはネイビー・黒などダークカラーのポロシャツを選ぶこと。印象も締まりますし、半袖だからこそ暗い色の面積も減るので暑苦しくは見えません。

 

2つめはポロシャツのインナーとして肌着を着ること。このとき、白い肌着ではなくベージュの肌着を選びましょう。スキンカラーは肌に馴染むのでポロシャツを一枚で着ているように見え軽快さをもたらすためです。

 

 

■首元から肌着がチョイ見えしてはいけないワケ

 

盲点の2つ目は「首元」。

 

NG例。首元から肌着が見えるのは避けたいところ

 

ポロシャツの開いた首元から見える肌着、これがオジサンくささの原因となってしまいます。肌着から連想するイメージは「汗」。汗を吸収するために着る肌着は、清潔感の天敵である「生活感」を連想させてしまいます。だからこそ、ポロシャツの首元からインナーが見えることだけは避けたいです。

 

たまに、肌着代わりにTシャツを着ているオジサンを見掛けますが、これは絶対にNG。ちょっとくらい見えてしまうのはしょうがないという考えが命取りになります。見た目にも窮屈で、暑苦しい印象になってしまいます。首元の下着は見えないよう、場合によっては下着の首回りを切ってしまうのも一つの手法です。ユニクロの機能性下着エアリズム。このシリーズには、ハサミでカットしても糸がほつれにくい「シームレス」というバリエーションも昨今登場しています。

 

 

■ゴルフのおじさんになってしまう、パンツインは絶対NG!

 

盲点の3つ目は「着丈」。

 

ポロシャツのパンツインがゴルフのプレー中の人に見えてしまうから街着としてはよろしくない、という話はけっこう浸透してきました。だからこそ、カジュアルシャツ同様、ポロシャツ裾を出して着る男性が多い訳ですが、ここでひとつ問題が生じます。

 

横幅がガッチリしている男性ほど、身長にかかわらず選ぶポロシャツのサイズも大きくなるのです。結果、ポロシャツ裾が長すぎるというリスクが生じます。だらしなく見える基準は、パンツのファスナーが完全に隠れてしまう程度です。

 

だからこそ、ポロシャツ丈でパンツのファスナーが完全に隠れてしまう場合、お直し屋さんで着丈を短くカットしましょう。パンツのベルトループは隠れるけれど、ファスナーは完全に隠れない程度の幅がポロシャツの最適な着丈です。プラス2千円程度でお直しできます。

 

一方、細身で身長が高い人はいつもよりワンサイズ下でピタッとしたポロシャツを選びましょう。着丈が長すぎるというリスクはありませんから、そのままでちょうどよいでしょう。

 

乳首、首元、着丈。ちょっと気にするだけで、圧倒的な差になります。この差を手に入れて、一刻も早くオジサンポロシャツからの脱却を図りましょう。

情報提供元:citrus
記事名:「【ちょい足しモテ理論】オジサンポロシャツから脱却! 押さえるべきは「乳首」「首元」「着丈」