リンレンより無添加処方のボディソープ誕生
株式会社ビーバイ・イーは、国産原料と地産地消を追求したエシカルヘアケア『凜恋(リンレン)』より、低刺激・無添加処方のボディソープを、2019年10月1日(火)に発売する。さらに、7月15日(月)から、ロフト※にて先行発売を開始する。

このボディソープは、ユズ&ジンジャーとローズ&ツバキの2種類から選ぶことができる。

※一部店舗を除く
汚れを溶かして落とし潤いを保つ
同製品は、岡山県湯原温泉水と7種の国産植物原料を配合。この温泉水は美肌の湯と呼ばれ、低張性アルカリ高温泉による血行促進・代謝向上・保湿効果や、さらに余分な皮脂を溶かして落とす効果がある。

ユズ&ジンジャーには、高保湿成分「ユズセラミド」やショウガ根油やコメヌカエキスが配合されており、肌をしっとりと潤しながら、つるつる素肌へと導いてくれる。

ローズ&ツバキには、茶実油とツバキオイルのWオイル成分や、ローズ・ソメイヨシノなどから抽出した美容成分が80%も配合されている。そのため、洗い上がりの肌は、しっとりもちもちの仕上がりだ。

(画像はプレスリリースより)


【参考】
※株式会社ビーバイ・イーのニュースリリース
https://www.bxe.co.jp/

情報提供元:美容最新ニュース
記事名:「美肌効果の高い温泉水と植物原料でしっとりもち肌